5月10日 たてわり班遊びスタート!

IMG 0979IMG 0983

IMG 0984IMG 0987

 

IMG 0990IMG 0988

5月10日(月)ロングの昼休みを使って、今年度初めての「たてわり班遊び」が行われました。たてわり班は、6年生をリーダーとした異学年の児童の集団(各班12~13名)です。先日の1年生を迎える会で、みんな揃っての活動が始まりましたが、これから1年間を通じて、掃除や集団遊び、運動会での競技や応援など、様々な活動で協力していく仲間になります。

各班の6年生がリーダーシップを発揮し、体育館や図書室、運動場などを使って遊びを進行しました。ドッジボールや鬼ごっこ、長縄跳び、かるたや読み聞かせを行う班もありました。

6年生は毎回大変ですが、この活動により下学年を思いやったり、積極的にコニュニケーションをとったり・・・大きく成長するチャンスです。みんなで協力して、1年間楽しく活動していきたいと思います。

4月30日  1年生を迎える会を行いました!

IMG 0868CIMG5405IMG 0862IMG 1479

CIMG5417IMG 5035

4月30日(金)、天候に恵まれ、「1年生を迎える会」を行うことができました。この日のために、6年生は「みんなが楽しかったと言える会をつくる!」と、何日もかけて計画を練り、準備・練習をしてきました。

司会進行に盛り上げ役と、全てを6年生が行いました。運動場に1年生と6年生が入場するところから始まり、1年生は各色別に分かれた異学年の仲間である『たてわり班』に温かく迎え入れられました。

互いに自己紹介をした後、『ゲーム:宝探しシールラリー』が行われたのですが、これは今年度初の試みで、校舎(いろいろな教室)・運動場・舟岡山などを巡りながら宝箱を見つけていくというものでした。宝箱の中に暗号(謎解き)とシールが入っており、謎を班のみんなで協力しながら解いてシールを並べ替えると、最後にすてきなメッセージが出来上がってゴール!!できるのです。本当によく考えられており、ここまで準備していた6年生に脱帽でした。また、それぞれの班では、1年生や下学年にヒントを与えながら優しくかかわる上学年の姿が印象的で、なんともほほえましかったです。

宝箱を探しに、図書室に行ったりプールに行ったり、舟岡山に登ったり・・・とても楽しい企画でした。ゴールした後は、お待ちかねの「お弁当タイム」でした。縦割り班ごとに運動場や舟岡山でレジャーシートを広げ、ピクニック気分を大いに味わいながら、おうちの方が用意してくれたお弁当をほおばりました。

6年生がリーダーシップを発揮した、とても素晴らしい1年生を迎える会となり、大成功でした。

 

5・6年生が一人一台タブレット端末を使い始めました!

IMG 2198IMG 2209

GIGA(ギガ)スクール構想・ICT教育の推進により、今年度から和気町の小中学校でも、児童生徒に一人一台のタブレット端末の配付があり、準備が整い次第、使用をスタートすることになりました。佐伯小学校にも、「chrome  book(クローム ブック)」というタブレットが届いています。授業等での本格的な実施・活用は5月以降を予定していますが、高学年では先行して使用してみようということになりました。

4月15日(木)には、一足先に使ったことのある6年生が5年生に教えながら、一緒に使ってみました。ログインの仕方やGoogle class room(グーグルクラスルーム)への入り方、ドリル学習への取り組み方など、一つひとつゆっくりと確認しながらやってみましたが、少しずつやり方がわかると、みんな興味津々でどんどん進めていました。

タブレットを使用することで学習の幅や可能性が大きく広がります。「大切に」「正しく」「楽しく」活用していきたいと思います。

4月13日  退任式「お世話になった先生方 ありがとうございました」

CIMG5351CIMG5358

IMG 5356CIMG5362

4月13日(火)の5時間目に退任式を行いました。令和2年度末で異動・退任された先生方のうち4名の先生が来てくださいました。4月になってからたった2週間ほどしかたっていないのですが、ずいぶん久しぶりにお会いできたような気持ちになり、なんだか懐かしく、うれしくなりました。

児童から、お手紙と花束を渡しました。そして、先生方より一言ずつお話しいただきました。佐伯小学校での思い出や、今現在のお仕事、勤務されている学校のことなどを伺いました。「先生が行った学校は、佐伯小学校と同じくらいの全校児童74人だよ。」と聞いたり、また別の学校のお話では、「入学式に1年生が130人入ってきたんですよ。」と聞いたりして、びっくりしました。

この日、残念ながらご欠席された先生からは、サプライズで、ビデオメッセージが届いてました。体育館の幕が開くと、先生が撮って編集してくださった動画が流れました。

みんな興味深々・・・で、食いいるように画面を見つめていました。先生から子どもたちに向けて、『夢は、いくつ持ってもいいよ。いつから持ったっていいよ。変わってもいいよ。みんな夢に向かって頑張ろうね。先生も頑張るし、遠くから応援しているよ。』という、温かいメッセージでした。

いつまでも名残りは尽きませんでしたが、最後に・・・「私たちのことを見ててくださいね。これからもみんなで力を合わせて明るく楽しい佐伯小学校を創っていきます!」という気持ちを込めて、校歌を歌ってお送りしました。

 

 

4月12日  交通教室(横断歩道の渡り方など)を行いました

CIMG5344CIMG5344

4月12(月)5時間目に、交通教室を行いました。1年生が入学して初めての下校時に、あらためて全校児童で「正しい横断歩道の渡り方」や、「止まってくれた自動車へのお礼の仕方」などを確認しました。

通学班の編成も変わり、新しい班長さんになったところもあります。6年生がお手本を見せながら、運動場でのシュミレーションを繰り返しました。

「右・左・右・・・手を挙げて・・・。」「横断歩道を渡ったら、帽子を取ってお礼を言うよ!」と、互いに声を掛け合い練習することができました。

最後に佐伯駐在さんから、「前の人が行ったから・・・と続けて、確認せずに行ったらダメだよ。ちゃんと渡る前に、自分の目で確かめてくださいね。」「家に帰ったら、家族の人と、今日練習したことを話しましょう!」とお話しいただきました。

『自分の命は、自分で守る』ために大切な訓練ができました。

 

 

4月9日 令和3年度入学式を行いました。

 

IMG 0267DSC04039CIMG5315CIMG5318IMG 0459IMG 5317

4月9日(金)に令和3年度佐伯小学校入学式をおこないました。お天気に恵まれ、玄関ではチューリップをはじめ、春の花々が入学をお祝いするように色とりどりに咲いていました。

1年生の姿が見えると、6年生は張り切って出迎え、胸に花をつけたり靴箱を教えたり、教室でお世話をしたりしました。

10時からの開式で、8名の1年生が入学しました。代表で6年生のみが式場に入り、2~5年生はリモートで教室で見守りました。

1年生は名前を呼ばれると元気に返事ができました。また、「おめでとうございます。」と声をかけられると、「ありがとうございます。」と、きちんと返すこともできていました。一人ひとり校長先生から教科書を渡されると、大事そうに胸に抱えている様子は、とてもかわいらしかったです。

リモートで見守っていた在校生も真剣に画面を見つめ、拍手をしたり校歌を歌ったりしていました。式場に一緒にいる気持ちで、入学を喜び、お祝いすることができました。

これで、令和3年度佐伯小学校の児童全員がそろい、「佐伯小学校号!」が前途洋々、出発しました。月曜日からは、いよいよ1年生と一緒に登下校も始まります。みんな安全に元気に1年間過ごせますように。

4月7日 令和3年度新任式・始業式を行いました!

CIMG5283CIMG5285

CIMG5286CIMG5288

4月7日(水)、令和3年度新任式・始業式を行いました。子どもたちの元気な声と笑顔が校舎に戻ってきて、うれしくなりました。新しい先生や、転入してきた友達を迎えて、いよいよ1学期のスタートです。

校長先生からは、「笑顔と感謝(ありがとう)があふれる学校にしていきましょう。」というお話がありました。そして、担任の先生の発表があり、真新しい教科書の受け取りもしました。

みんなぐっと顔を上げて、一生懸命、真剣な様子で式に参加している態度はとても立派でした。キラキラと輝く目から、「さあやるぞ!がんばるぞ!」という気持ちが伝わってきました。

 

 

 

3月25日 令和2年度修了式を行いました。

CIMG5272CIMG5273

3月25日(木)令和2年度修了式を行いました。6年生が卒業式をおこなった体育館に、1~5年生が一人の欠席なく全員元気に揃いました。

「第〇学年の課程を修了する者 〇名 代表 〇〇さん」・・・と言われると、各学年の代表児童は緊張した面持ちで前に出てきます。それと同時に学年の児童は起立し、同じ気持ちで修了証を受け取っていました。

校長先生からは、「あゆみには、みんなのできるようになったことや努力したこと、良さなどがたくさん書いてあります。それは一人だけでできたことではなく、クラスのみんな、先生、家族のみなさんのおかげです。感謝の気持ちをもって、ありがとうが伝えられるといいですね。」と、お話がありました。

また、生徒指導の先生から、「命、あってのみんなです。楽しい春休みですが、ルールを守って、命を落とさないようにしましょう。始業式に全員揃ってまた会えるのを楽しみにしています。」と伝えると、子どもたちは笑顔でうなづきながら聴いていました。

思い返せば、コロナ禍でスタートした4月の始業式・・・しばらくしてすぐに臨時休校になりました。臨時休校が明け、学校で一緒に学ぶことができるありがたさを感じながら、みんなで力を合わせてさまざまなことに挑戦し、乗り越えてきました。1年間、本当に大きく成長しました。

 

 

 

 

3月24日 今年度最後の大掃除

CIMG5267CIMG5268

3月24日(水)5時間目に今年度最後の大掃除を行いました。普段の掃除ではなかなかできない、大きな机やテレビモニターなどを動かして、たまったほこりを掃き出したり、机・椅子の脚の裏を拭いたりしました。

また、加湿器やエアコンのフィルターを外して洗ったり、窓のさんも掃除したりしました。そしてどの教室でも机や椅子・棚などを廊下に出した後、子どもたちはみんなひざをついて床を丁寧に隅々まで拭きあげていました。

「教室さん、1年間ありがとう。次の人もきれいに使ってね。」そんな心の声が聞こえてくるようでした。

それまで棚に置かれていた子どもたちの作品は持ち帰られ、掲示物も外された教室は、ちょっぴりさみしい感じもしました。けれど、すっきりときれいに気持ちよくなった教室に、また4月には進級した元気な子供たちが入って来てくれることでしょう。

3月19日 令和2年度 卒業証書授与式

CIMG5250CIMG5252

CIMG5255CIMG5237

3月19日(金)良いお天気に恵まれ、「令和2年度 卒業証書授与式」を無事に行うことができました。今年度も新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上での開催で、卒業生・保護者・教職員のみの参加で行いました。卒業生へのメッセージがたくさん届き、下駄箱前に掲示させていただきました。

昨年度と違ったのは、今年は前日まで在校生がしっかり準備できたこと、卒業生も歌や呼びかけなども直前まで練習して臨めたことです。

担任の先生方の呼名に「はい!」と大きな返事をし、堂々と卒業証書を受け取る姿は誇らしげで大変立派でした。そして呼びかけや歌も、とても気持ちの込もったすばらしいものでした。

式後、校門までの花道を、保護者の方と並んで歩く姿はなんだか照れくさそうで、嬉しそうで・・・背中で揺れるランドセルは小さく見えました。大きくなった背中を見送ると、ちょっぴり寂しい気持ちになりましたが、「中学校でも頑張ってね!応援しているよ!」と送り出しました。

 

3月15日 卒業証書授与式 在校生が参加しての予行練習

CIMG5161CIMG5165CIMG5193

3月15日(月)2時間目に、卒業証書授与式の予行練習を行いました。今年度も昨年度と同様に、19日(金)式当日は、在校生(1~5年生)の参加はありません。残念ですが、当日の想定される出席人数と体育館の広さを考えて密を避けるために・・・という感染拡大防止対策のためです。

しかし、予行練習は卒業生と在校生、教職員全員が体育館に入って行いました。在校生は当日参加できない分、この機会に、「精いっぱい、おめでとうの気持ちを態度や拍手で伝えよう!」と臨みました。

5年生は入場に合わせて、練習してきた『威風堂々』の生演奏を行いました。この入場の曲『威風堂々』は、当日は、録音された音源を使うことになっています。

緊張した面持ちで入場した卒業生は、本番と同じように卒業証書を受け取り、歌や呼びかけも行いました。その様子を在校生と教職員は、緊張感をもって見守りました。

真剣に卒業生の姿を見つめる在校生の態度からは、「6年生、すごいなあ。卒業おめでとうございます。」「カッコ良くて、立派な態度だなあ。」「私たちもあとに続きます!任せてください。」といった心の声が聞こえてくるようでした。とても真剣で、温かい気持ちもあふれる素晴らしい予行練習でした。

あと4日・・・互いに感謝を伝えあい、一日一日を大切に過ごしたいと思います。

 

 

3月12日 4年生が井原市の小学校とリモートで交流しました。

CIMG5142CIMG5154

3月12日(金)5時間目に、4年生が井原市立青野小学校5・6年生とZOOM(ズーム)を使って交流しました。

互いに、総合的な学習の時間で、「地域の良さを発信するパンフレットづくり」という取組をしているという共通点があり、今年度、岡山県教育委員会義務教育課が行った「晴れの国おかやま学び大賞」への応募をきっかけに(井原市立青野小学校は最優秀賞を受賞)存在を知ったのです。このことが縁となり、今回交流することになりました。

パンフレット作りに励んだ子ども同士、共感する部分が多くありました。4年生は、青野小のみんなに、紙面の工夫や、制作時間や苦労したことなどはもちろん、井原市の良さを質問しました。また、自分たちが作ったパンフレットを見てもらうと、「佐伯小学校のもいいですね。」「表紙の絵が上手だね。」「パンフレットのお店を見て、行きたくなりました!」・・・などなど良い感想をもらうことができ、子どもたちはとても嬉しそうでした。

同じ県内でも、なかなか会うことのできない60キロ以上離れた人と、こうして顔を見ながらリアルタイムに話ができる体験はとても貴重でした。

【6年生からの活動報告】「忘れんじゃねえよ 山田小 ~思い出そう過去を 創造しよう未来を~」

私たちは、廃校になってしまった山田小学校をキレイに、みんなに必要とされる建物にしたいと考え、清掃活動を行いました。

【参加してくださった方へ】

3月11日(木)に「忘れんじゃねえよ 山田小」プロジェクトに参加してくださった方々、本当にありがとうございました。草刈りや溝掃除など、私たち6年生19人では難しかったところも、皆さんのおかげで山田小学校がきれいになりました。

IMG 4963IMG 4959

IMG 4965DSC03979

私たちの目的のためにわざわざ動いてくださった地域の方々、区長さん、保護者の方々、テレビ局の方々など、たくさん足を運んでくださり、ありがとうございました。

DSC03984DSC03977

そして、山田小学校について考えてくださった方々にも、お礼を言いたいと思います。本当にありがとうございました。

私たちは、この活動を通して、山田小学校をキレイにすることや山田小学校について考えるということだけでなく、たくさんの方に自分自身の過去を振り返り、自分や自分の過去に真剣に向き合ってもらいたいと考えました。

みなさんの過去にも忘れかけていた物事があるのではないでしょうか?私たちと一緒に忘れかけていた物事を思い出し、またそのことに接していただけたなら、このプロジェクトに大きな意味が生まれると思います。私たち6年生は卒業しますが、これからも山田小学校を、「必要とされるもの」に近づけるために、一人ひとりが何ができるかを考えていきたいと思います。

本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

 

【お知らせ】6年生総合的な学習プロジェクト「忘れんじゃねえよ山田小 ~思い出そう過去を 創造しよう未来を~」

【佐伯小学校6年生からのお知らせ】 

私たち6年生は、今回、小学校を卒業前に、廃校になってしまった山田小学校をキレイにし、みんなに必要とされる建物にしたいと考え、清掃活動を行なうことにしました。プロジェクト名を「忘れんじゃねえよ 山田小 ~思い出そう過去を 創造しよう未来を~」として学習活動を進めています。

2月28日には、6年生有志で山田小学校の現状を調べに行きました。

CIMG5109CIMG5116

CIMG5069CIMG5043

【清掃活動実施について】

〇実施日時:3月11日(木)午前10時~12時

〇実施場所:山田小学校(平成28年度末で廃校)

〇活動対象者:6年児童19名と先生・参加が可能な6年生保護者・地域の方々(事前に参加登録された方13名)

〇持参物:飲み物・ハンカチ・ティッシュ・防寒着(汚れてもいい服でお越しください。)・掃除道具を持って来てくださると幸いです。

〇そのほか:当日は、検温・マスク着用にご協力ください。

★山田小学校を復活させるための活動にご理解とご協力をお願いします。今回は、感染防止対策をとるために地域の多くの皆さんに参加していただくことは叶いませんが、私たちの想いと活動(プロジェクト)を知って欲しいと思います。  【佐伯小学校6年一同より】   

 

 

3月5日 6年生を送る会 

IMG 9022IMG 8932

IMG 8991IMG 8958

IMG 0051IMG 0055

3月5日(金)の1時間目に、6年生を送る会が行われました。5年生主催で、各学年は「6年生に感謝の気持ちを表そう!」と、この日のために出し物やプレゼントなどいろいろと準備をしてきました。当初は体育館にみんな集まって会が開けないか・・・と考えていましたが、より密を避ける感染防止対策を講じて行うこととなり、初のリモート(ICTを活用した中継)で、6年生とステージ発表学年(次の待機学年)のみが体育館で、交代しながら、それ以外の学年は教室のテレビモニタで会を見守るという開催方法をとりました。

各学年の出し物は、どれも趣向を凝らしたものばかりで、6年生が運動会で見せてくれたかっこいい組体操の様子や、登校班や縦割り掃除で下級生に優しくリーダーとして活躍していた様子を劇で表したり、詩の朗読や手話付きの歌、リコーダー演奏やダンスを披露したりしました。笑いあり涙ありで、発表学年の児童も6年生も感激して、涙を流している場面もありました。

6年生は、学年の発表が終わるごとに「6年生から伝えたいこと」として、丁寧に感謝や自分たちの想いを堂々と話していました。その姿は本当に立派で、大きな背中を下級生に見せてくれました。

教室で食い入るようにテレビモニタを見ている児童の姿も素敵でした。一生懸命に他の学年の発表を見守り、クイズに答えたりダンスを教室で踊ったりと、会場には入れなくても感謝を伝えようという気持ちは、終始一緒でした。

5年生の活躍も見事でした!司会・進行役の児童は体育館にずっといましたが、それ以外の5年生は裏方に徹し、体育館通路の花道を整頓したり、次の学年のスタンバイをしたり、教室のテレビモニタの様子を見ていたりと、「自分にできることは何か」を考えて動いていました。6年生を送る会を自分たちで創りあげたことは、大きな自信になると思います。

会が終わり、この日のお昼の放送では、あらためて6年生が校内放送を使って、みんなに感謝の気持ちを伝えました。本当に本当に心温まる会となりました。

 

2月26日 3年生 岡山県立聾学校とオンラインで交流しよう!  

CIMG5025

2月26日(金)の5時間目に3年生が、岡山県立聾学校の児童と、オンラインでつながり、交流しました。3年生が社会科や総合的な学習の時間に調べた、和気町の産業(りんご園や佐伯こんにゃく工場、ビッグ)を、手話を取り入れながら、聾学校に通う同じ学年の人に紹介しようという活動でした。
互いに手話や写真、説明文の画用紙などをつかいながら、一生懸命画面越しに、伝えあいました。


「覚えた手話が通じてうれしかった。」「聾学校の人と友達になれた!」と、素敵な交流ができました。

 

 

2月25日 4年生 編集のプロの方からお話を聞く ~パンフレット作り~

 

CIMG5019CIMG5020

4年生は、総合的な学習の時間に、これまでに取材してきた佐伯の良いところ・自分たちがおすすめしたい場所をパンフレットにして、たくさんの人に知らせようと挑戦しています。


自分たちで作り進めているところで、2月25日(木)6時間目に、編集のプロである「一般社団法人まなびと」代表理事の江森真矢子さんをゲストティーチャーにお招きして、編集の極意=『読み手に伝わりやすい紙面のつくり方』についてお伺いしました。


江森さんから、4年生が作っているパンフレットの良い点や改善点を丁寧にアドバイスいただき、子どもたちは「読む人のことを考えて見直ししたい。」「キャッチフレーズなどを入れて、もっといいパンフレットにしよう!」という感想をもちました。
最終完成にむけてますます気合が入ったようです。

 

2月25日 2年生 願い鯉にメッセージを書こう ~取材が来たよ!~

IMG 1824IMG 5904IMG 5918IMG 1829

2月25日(木)4時間目に、2年生が学級活動の時間に「コロナ禍で奮闘している医療従事者の方に願い鯉にメッセージを書こう!」の活動を行ないました。これは、和気町 徳永鯉のぼり様からの依頼で、町内の小中学校の子どもたちでメッセージを寄せ、医療従事者の方に贈るという活動への協力です。

この活動には全学年が協力しましたが、「2年生が取り組むところを取材させてほしい。」ということで、県内のテレビ局と山陽新聞社が取材に来られました。

授業の始めに担任から子どもたちへ、活動の趣旨を話し、さっそく取り掛かりました。子どもたちはそれぞれ「何を書こうかな?」と一生懸命考えていました。

「大変なお仕事をありがとうございます。」「ぼくは、手洗いやうがいをします。」「コロナに負けず、がんばってください。」など、考えたことを丁寧に鯉のぼりに書いていきました。

活動の間、子どもたちは、テレビ局のカメラに写ったり、取材インタビューにもものおじせずに答えたり・・・取材カメラにも興味津々で、来てくださった方々に積極的に話しかけたりしていました。恥ずかしがるというよりは、嬉しくて、みんな大興奮!でした。

最後に、徳永こいのぼり代表の徳永様から、子どもたちへ・・・ということでお話もいただきました。とても貴重な体験活動となりました。

取材の様子は、夕方のニュースや、明日以降の山陽新聞にも掲載される予定です。とても楽しみです。

2月19日 6年生 薬物乱用防止教室

InkedCIMG5011 LI

2月19日(金)の6時間目には、6年生で「薬物乱用防止教室」が行われました。備前警察署の方にお越しいただき、違法薬物(大麻や覚醒剤・合成麻薬MDMA)について・・・その怖さや危険性、法で罰せられることについてなど、詳しくお話を聞きました。

ニュースでも有名芸能人の違法薬物での逮捕が取り上げられていますから、6年生もいくつか名前を知っていました。「自分たちには関係無いこと」と思わず、危険性を正しく知っておくことはとても大切です。

中学生や高校生・・・と、広い社会に出ていく中でどこでどんな風に出会うかわかりません。万が一、たばこやお酒・薬を勧められてもきちんと断ることができるでしょうか。

授業の最後にDVD「薬物はすべてを壊す ~規制薬物と危険ドラッグ~」を見せていただきました。判断を誤ると、とんでもないことに巻き込まれ、やがて法を犯し、心や身体を狂わせ、家族まで破滅に追い込んでしまう・・・という本当に恐ろしいドラマ仕立てのDVDでした。見終わったあと、教室はシーンと静まり返りました。

「薬物依存は本当に怖い・・・ということを覚えておいてください。」という備前署の方の言葉が強く心に残りました。

2月12日 新1年生 一日入学

CIMG4993IMG 3683

IMG 3722IMG 3734

CIMG5001

2月12日(金)、新一年生一日入学(入学説明会)を行いました。

1年生は、「小学校のことを教えてあげよう。何をしたら喜ぶかな?」と、何日も前から楽しみにして、計画をしていました。

『授業を体験してもらおう!ぼくたち、私たちが先生になるよ!』と、国語や算数、音楽クイズを出したり、運動(縄跳びや馬跳び)のお手本を見せたり、生活科で作ったボウリングで一緒に楽しく遊んだりしました。また、プリントをするときには、1年生がとても頼もしいお兄さんお姉さんになって、5歳さんに付き添って優しく声をかけていました。

子どもたちが新一年生(5歳さん)に体験授業をしている間、保護者の方には、図書室で『就学前子育て講座研修会』と『入学説明会』を行いました。研修会では、「ママほっとサロン」より柴田さん、嶋藤さんを講師にお迎えし、「親育ち応援学習プログラム ~自分でできたよ!うれしいな、入学までにできること」というワークショップをしていただきました。

研修会後には、入学説明会・物品販売を行いました。一日入学(説明会)を終えて、新一年生の児童はもちろん保護者の皆さんと顔合わせができ、互いに距離が縮まり、ますます4月が楽しみになりました。

佐伯小学校に入学してきてくれることを心待ちにしています。

愛を送ろうキャンペーン実施中!

CIMG4985CIMG4986

CIMG4983CIMG4988

現在、佐伯小学校では、「愛を送ろうキャンペーン」中です!

これは、運営員会児童発案で、2月3日(水)~2月12日(金)まで(バレンタインデーにちなんで)友達や先生の良いところや、好きなところ、すてきだなと思うところをハートのカードに書いて送りあおうというものです。

ハートカードに書いたものを玄関前の宝箱に入れると、朝やお昼の放送で委員会児童が読み上げて紹介してくれます。

「〇〇さんへ 休み時間縄跳びを頑張っているね。すごいなあと思うよ。☆より」「〇〇さんの優しいところが好きだよ。★より」

ちょっと照れくさくて、ふだん正面から口に出して言えないようなことも、カードに書いて入れておくと、委員会の人が代弁して読んでくれるのです。放送で読み上げられると、みんな何とも言えない・・・恥ずかしいような、くすぐったいような、嬉しそうな笑顔になっています。そして自然と拍手が生まれています。

心がぽかぽかと温かくなるようで、学校中に愛があふれています。素晴らしいネーミングのイベントです。

 

 

 

2月9日 6年生 保健の授業 ~がん教育~

CIMG4982CIMG4980

2月9日(火)5時間目に、6年生は保健の授業で「がん教育」を行いました。「がん」という病気は、もう今では2人に一人の確率でかかる病気と言われています。だからこそ、早いうちから、「がん」という病気に対する正しい知識をもち、病気の予防という観点から、一人ひとりができることを考えることが大切です。そこで、6年生の保健の授業で取り扱うことが望ましいとされているのです。

町健康福祉課より井上保健師さんをゲストティーチャーにお招きし、本校の養護教諭と協力して授業が行われました。

初めて聞くことも多かったですが、子どもたちは熱心にメモをとりながら一生懸命に授業を受けていました。そして、自分や家族の生活を振り返りながら、「がん」を予防するために、日ごろからできること(食事や運動、睡眠やし好品の取り方に注意するなど)があるんだということに気付いていました。

授業の最後のふりかえりでは、「家に帰ったら、今日の授業のことを家族にも話してみよう。」「生活習慣で、正しい食生活としっかり睡眠、運動が出来ていないときがあるから、気を付ける。」・・・といった感想が見られました。

町で配付している「和気町検診ガイド」のパンフレットも見せていただきました。自分の体や健康に関心を持って、自らより良い生活を送ることができる人になって欲しいと思います。

 

 

 

2月2日 節分 ~日本文化を楽しもう~

IMG 3653IMG 3649

IMG 3650

2月2日(火)の昼休みに、運営委員会児童の企画による「日本文化を楽しもう!」という節分イベントが行われました。

節分には豆まきで鬼を払うという風習がありますが、安全にみんなが楽しめるようにということで、よく考えられていました。

ランドセルを背負った鬼が運動場を走りまわり、その鬼(ランドセル)めがけて、やわらかい玉入れの球をもって追いかけ、投げ入れるのです。

「鬼は~外、福は~内」と言いながら、元気よく運動場を走りまわりました。ランドセルを背負って走る鬼も、追いかける方も必死ですが、みんな笑顔で楽しみながらイベントは大いに盛り上がりました。

鬼というのは、自分の中の弱い心や・・・今は新型コロナウイルスも鬼なのかもしれませんね。この元気な豆まきイベントできっと退散してくれることでしょう。

 

 

学校給食週間に・・・

CIMG4936CIMG4948

CIMG4934CIMG4949

1月24日~30日は『全国学校給食週間』となっていました。昨年から今年にかけてコロナ禍が続いており、全国各地に気軽に旅行には出かけられない年となっているということで、「給食で全国の味めぐり」メニューが展開されました。北海道の味噌ラーメンや、岡山県の備前黒毛和牛のビビンバ・チンゲンサイ入り春雨スープ、奈良県の飛鳥汁など・・・「今日は何県のどんな味の給食かな?」と、毎日とても楽しみでした。

写真は27日(水)の沖縄県メニューとして、油みそ・厚揚げのチャンプルー・モズクスープです。

給食週間中は毎日、委員会の児童が校内放送で、「給食のはじまりについて」や「好きなメニューアンケート結果」などの紹介もありました。

また、栄養職員の仲西先生に来ていただき、児童から感謝の手紙集を贈呈しました。仲西先生を通じて、調理員さんはもちろん、毎日牛乳を運搬してくださっている方や、野菜等の生産者の方々にもお渡ししていただきました。

これからも毎日の給食に感謝して、残さず食べたいと思います。

1月22日 6年生租税教室

CIMG4928CIMG4931

1月22日(金)6時間目に、6年生は「租税教室」を行いました。

和気町役場税務課からお二人の方が来てくださり、「税金とは何か、もし税金がなくなるとどうなるのか、税金は何に使われているのか・・・」などを、ビデオや説明、クイズなどでわかりやすく教えてくださいました。

小学校6年間の間にみんなのために使われている税金は、一人あたり約504万円なんだそうです。6年生は19人なので、504万円✕19人=9,576万円

約1億円!!これにはびっくりしました。1億円の札束とはどれくらいなのか・・・模型をもって来てくださっていたので、一人ずつで持たせてもらいました。

初めて知ることも多く、興味をもって一生懸命に学習していました。18歳から選挙権を得る子どもたちです。社会の動きや政治に関心を持って「より良いくらしについて考える」ことのできる主体的な社会人になって欲しいと思います。

 

 

1月22日 不審者避難訓練 

CIMG4914CIMG4917

1月22日(金)の2時間目に、不審者が校内に侵入したらどのように行動するか・・・という避難訓練を実施しました。

備前署生活安全課の方が不審者役になってくださり、突然、授業中に2年生の教室に入ってきた!という設定で行われました。児童は担任の先生の指示に従って不審者から離れるように別の教室に逃げて鍵をかけ、先生と一緒に身をかがめて静かにします。110番通報をしたら警察が学校に到着するまで、不審者を落ちつかせるように教職員が声を掛けたり、教室の机や椅子でバリケードを作ったりします。

学校では、不審者が侵入してきた際の、児童や教職員の動き(校内放送の仕方や連絡方法、情報共有など)マニュアルは、いろいろと想定して作成していますが、やはり実際に動いてやってみることがとても大事で、毎年訓練を行っています。

警察(佐伯駐在署のおまわりさん)が到着して訓練が一通り終わってから体育館でお話を聴きました。「いつ・どこで・どのような状況で」危険な目に遭うか分かりません。あらためて、みんなで合い言葉を確認しました。

児童も教職員も真剣そのもので、とても緊張感のある訓練ができました。

 

1月20日 授業参観・PTA人権研修会・学級懇談会を実施しました。

CIMG4888CIMG4893

CIMG4879CIMG4902

CIMG4906CIMG4906

1月20日(水)に、今年度2回目の参観日を行いました。今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じながら、15分間ずつ区切って保護者の方に教室に入って参観していただける時間を設けて授業を公開しました。

3学期になって初めての授業参観で、教室内に貼られためあての掲示や図工の作品なども見ていただくことができました。いつも以上に張り切っているようでした。

その後、体育館でPTA人権研修会が行われました。町協議会の方3名をお招きし、DVD『あなたに伝えたいこと』を視聴した後、同和問題やネット上の差別など、人権問題について意見を交流しました。

研修後には、学級懇談を行いました。授業や人権研修の感想を話し合ったり、冬休みの生活を振り返って、家庭でのメディアルールについての話題で情報交換したりと、各学年でいろいろな話題で話し合うことができていました。

保護者の皆様にはお忙しい中、また寒い中ご来校くださり、参観や研修等にご協力いただきまして誠にありがとうございました。

1月14日 6年生 佐伯中学校へ一日入学体験

IMG 4692IMG 4704

DSC03954DSC03956

1月14日(木)6年生が、佐伯中学校へ一日入学体験に行ってきました。

到着すると、まず、中学校生徒会の皆さんから、「佐伯中学校の生活について」「小学校と違うところ」などの説明がありました。きょうだいが、中学校へ通っているという6年生もいますが、実際に中学校の教室に入って席に座って説明を聞くというのは緊張感があったようです。一生懸命聞いて、わからないことは積極的に質問していました。

次に、体育館でパラリンピック競技の「シッティングバレーボール」を中学生の皆さんと一緒に体験させてもらいました。オリンピック・パラリンピック教育の一つです。グループに分かれて中学生と協力しながら、楽しく活動しました。

最後に、理科室や教室での授業見学をさせていただきました。6年生はみんな興味津々で見ていました。

中学進学に向けて、不安や緊張もあるでしょうが、入学体験を経て「中学校で頑張りたいな。楽しみだな。」そんな気持ちがふくらんだのではないでしょうか。

卒業まであと約2か月です。小学校の学習をしっかりと身につけて、心も体も準備ができるようこれからも頑張って欲しいと思います。

1月13日 全校クリーン作戦

CIMG4868CIMG4870

CIMG4871CIMG4873

1月13日(水)の下校前に学校周辺の道路とサエスタ駐車場(つる公園)周辺のクリーン作戦を行いました。活動前には環境委員の児童が、活動する際の注意について話してくれました。まわりの安全を確かめながら歩き、よく注意しながら見て、集めていきました。

何気なく通っているときには気づかなかった小さなお菓子の袋の切れ端や、たばこの吸い殻、つぶれた空き缶などが見つかりました。

「あんまり落ちていないなあ・・・けど、落ちていないということは、いいことなんだ。」「たばこの吸い殻をポイ捨てしないでほしいなあ。」「なんでこんなところに缶がいっぱい捨てられとるんじゃろう・・・。」

子どもたちはいろいろとつぶやきながら、発見していきました。短い時間でしたが、自分たちで行うことで地域の環境美化への気づきがたくさんあったようです。

『できるだけごみを出さない。』『ごみはゴミ箱に捨てる。』『持ち帰ってから処分する。』当たり前のことですが、当たり前のことをいつでも守ることができる、実践できる人でありたいものです。

1月7日 3学期始業式 ~全員そろって元気にスタート!~

CIMG4861CIMG4863

CIMG4864

1月7日(木)元気よく3学期がスタートしました。児童87名全員そろって、体育館で始業式を行うことができました。

校長先生からは、「新しい年を迎え、一人ひとりがまた一歩ずつ、新しいあゆみ(成長)をしていけるように頑張りましょう。そしてそのあゆみ(成長)を、ひとりだけのものにするのではなく、周りの友達と一緒に、できるようになったり喜んだりして、みんなのあゆみ(成長)にしていきましょう。佐伯小学校みんなで『確かな・大きな一歩』にしましょう!」・・・というお話がありました。

2時間目には、登校班別に地区児童会を行い、登下校時の3学期のめあてを決めました。玄関前に張り出しています。

これからますます寒くなるので、風邪や感染症にかからないよう、しっかり対策を行いながら、健康・安全に気をつけて、充実した3学期になるようにみんなで過ごしていきたいと思います。

さあ、決意も新たにスタート!です。

12月24日 2学期終業式

CIMG4848CIMG4850

CIMG4858CIMG4860

12月24日に、無事に2学期の終業式を迎えました。思い返せば、今年は臨時休校の分を取り戻そう!と、暑い中、8月20日から始まった2学期でした。

コロナ禍の中、運動会や修学旅行、校外学習に学習発表会・・・と大きな行事を次々と行いました。マスクを着用し、「新しい生活様式」を意識しながら一つ一つのことに、みんなの知恵を絞り、工夫をしながら乗り越えてきました。大きく成長した2学期でした。

校長先生からは、「できるようになったこと、身につけたことを、これからの生活で活かしてください。一人の一歩だけではなく、クラスのみんなで、学校全体の一歩となるようにしていきましょう。」というお話がありました。

式後には、『冬休みのくらしについて』、健康で安全に生活できるように考えました。6年生が前に出て、寸劇を交えたクイズを出題してくれたので、みんなで答えながら楽しく学びました。

「気持ちの良いあいさつをする」「手伝いを進んでする」「交通事故や火事、水の事故に巻き込まれないように、ルールを守って、命を大切にする行動をする」「お金をたいせつにしよう」「早寝・早起き・朝ごはんの生活リズムをくずさず、健康に過ごす」などを確認しました。

1月7日には、また全員元気にそろって笑顔で3学期始業式が迎えられますように。

 

 

一足早いクリスマス ~1年生教室前にクリスマスツリーがお目見え~

CIMG4830CIMG4831

子どもたちが楽しみにしている冬休みまで、あと4日。

1年生の教室前には、大きなクリスマスツリーが飾られています。図工の時間を使って、飾りつけをしていました。中には、サンタさんへの願い事を書いてつるしているものもありました。

暑い盛りの8月中旬から始まった2学期も終わろうとしています。終業式まで、学習や生活のまとめをして、良いしめくくりができるようにと、一日一日を大切に過ごしています。

 

 

栄養士の先生による給食指導

CIMG4828CIMG4829

給食に携わってくれている栄養士の先生が、計画的に学校に来て給食に関するミニ指導をしてくださっています。「食事のマナーを知ろう」「地域の食材を見つけよう」「食事の挨拶の意味を知ろう」・・・などです。

12月15日(火)は、3年生に「お箸の正しい持ち方を知ろう」ということで、正しい持ち方ができるようポイントアドバイスをしてくださいました。

子どもたちの中には、「うまく使えるよ!」という子もいれば、「苦手じゃあ・・・上手につまめない。」という子もいました。教えていただいたことに気を付けながら、食器を片手に持ち上げて、お箸を使って・・・この日のメニューの中に、トウモロコシや大豆があったので、一粒ずつ上手につまんで食べている児童もいました。

なんだかいつもより姿勢良く、もくもくと食べることができていたようです。正しいマナーで、毎日、食事に感謝して食べたいですね。

 

 

12月11日 校内持久走記録会 ~力を尽くして自分に挑戦!~

CIMG4817CIMG4824

CIMG4821CIMG4823

12月11日(金)の2・3時間目、風もなく良い天気に恵まれて持久走大会を無事に実施することができました。

記録会は本番、一度きりですが、「今日まで練習を頑張ったこと、最後まであきらめず、自分に挑戦し、自分の気持ちに打ち勝って走ったこと」が子どもたちの大きな財産になると思います。続ければ体力もつきます。これからますます寒くなりますが、寒さに負けずしっかりと体を動かすことは続けて欲しいと思います。

なお、平日にもかかわらず、大勢の方々が応援に駆けつけてくださいました。皆様の応援が、子どもたちの大きな力となりました。大変ありがとうございました。

持久走記録会に向けて 

CIMG4668CIMG4714

CIMG4804CIMG4786

11月19日から体育や業間休みの時間を使って、持久走の練習を行っています。低学年は4分間・中学年は5分間・高学年は6分間です。

子どもたちは自分のペース(体力)を知り、前回の自分を超えるように挑戦しながら練習を続けています。

そして成果を披露する場として、毎年、佐伯小では「校内持久走記録会」を実施しています。今年は、12月11日(金)に、校門を出て、学校周辺の道路を使って走ります。持久走記録会では、低学年:約700メートル、中学年:約800メートル、高学年:約900メートルです。先日4日には、予行練習(試走)を行いました。

記録会まであと少し!・・・子どもたちは、「予行練習の時の記録を超えたい!順位を上げたい!」と、ますます練習に力が入っています。

プログラミング体験 ~失敗から学ぶ~

CIMG4770CIMG4772

CIMG4771

小学校でも「プログラミング教育」が始まっています。子どもたちがプログラミングの体験を通して、試行錯誤しながら『プログラミング的思考』を身につけるというものです。

プログラミング的思考とは「ある目的を達成するために、順序立てて論理的に考え、結果を出していく力」のことです。

今回、12月1日~7日まで、県総合教育センターからプログラミング教材の「レゴ We do」というものを貸していただき、授業を行ったり教材に触れたりする体験を行いました。

12月2日の1時間目には、4・5年生で授業が行われました。レゴで作ったロボットを、自分たちが動かしたいようにするには、どのような命令を組み合わせるのが良いかを、グループで相談しながら考えていきます。命令の組み合わせを間違えると、うまく動いてくれません。失敗しても、再度考え、命令の順番を変えて挑戦します。友達の考えを取り入れて、どんどん改良し、楽しい動きが加わっていきます。

「3秒動いて、障害物を感知したら止まって、音を出し、バックする。」など、子どもたちは自由な発想で次々と動きを創っていました。

プログラミングは、すでに社会のいろいろなところで活用されています

「失敗してもあきらめない。失敗から学ぶ。試行錯誤し、柔軟に、自由な発想で知恵を絞り、困難を乗り越えていく。」・・・これからの時代を生きる子どもたちに必要な学びです。

 

12月3日 消防署の出前授業! ~3・4年生社会科学習~

CIMG4778CIMG4780

CIMG4782IMG 4933

12月3日(木)5時間目に、北部出張所より、消防自動車と救急車がやってきました。消防隊員の方による出前授業です。

3・4年生は社会科で「火事からくらしを守る仕組み」を学習しており、例年は、備前市にある「東備消防署」に校外学習に行かせていただいています。しかしながら今年はコロナ禍で、校外学習の受け入れをストップしているとのことで、相談させていただき、学校への「出前授業」に変更して来ていただくことになったのです。

児童は消防写生大会や避難訓練時に車を見ていますが、車の中の仕組みや消防隊員の方の仕事について詳しく聞かせていただくのは初めてです。

「教科書に書いてあったけど、実際にはこうだったんだなあ。」「ホースの長さや太さがわかったなあ。」「隊員の方の早着替え、すげえ。」・・・と、様々な気付きがありました。みんな一生懸命メモをとっていました。教科書に書いていることを実際に見て確かめることができると、記憶に残る学びになります。

最後に、消火器を使う訓練もさせていただきました。消火器を「使うことが無い」ことが一番良いことですが、いざという時のために教えていただき、とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

11月28日 令和2年度学習発表会 心を合わせて 

DSC 0018DSC 0046

DSC 0161DSC 0167

DSC 0059DSC 0059

DSC 0189DSC 0200

DSC 0104DSC 0097DSC 0237DSC 0301

11月28日(土)には、令和2年度佐伯小学校学習発表会を、体育館で行いました。今年は、本来なら教室発表の年でしたが、新型コロナウイルス感染防止対策を講じ、教室での密をさけるために、体育館で、発表学年・観覧者ともに入替制で実施しました。

どの学年も授業で調べたことや、学習してできるようになったことを、劇にしたりポスターにしたり、呼びかけにしたりして、工夫を凝らした発表になっており、とても素晴らしかったです。

子どもたちの発表の中に、「自分から進んで」「みんなで協力する」「一緒に頑張る」「心を合わせて」という言葉がたくさん出てきました。5年生は、今日までつながってきたこと、伝統を大切に6年生への決意を宣言しました。6年生は、続いてきた歴史を学ぶ中で、特に差別を自分との関わりで考え、「相手を思いやること」や、「正しいことを知り、差別しない」という、力強い言葉を聞かせてくれました。そして最後に披露したのは、『和気清麻呂太鼓』の方に指導を仰いだ和太鼓演奏です。指導いただいた方も当日、横笛で一緒に参加してくださり、まさに「心を一つにした演奏」に、会場は感動に包まれました。

この発表会を通して、考えたこと、身につけたこと、大切にしたいと思ったことは、これからの生活に活かし、ぜひ実行してほしいと思います。

Withコロナという難しい時代に突入し、厳しい状況が続いています。密を避け、距離を空けなければなりませんが、このような時代だからこそ、心の距離は縮め、人と人とのつながりは大切にしたいと思います。

学校では、これからも、友達と協力し、相手を思いやりながら、「学校だからこそできること」「集団で学ぶ良さや楽しさを感じることができる」「切磋琢磨することで身につけることができる」教育活動を大切に行っていきたいと思います。学習発表会で、生き生きと発表する子どもたちの姿から、あらためてそのように強く思いました。

お忙しい中、ご来校いただき、温かい拍手と応援をいただきましたご家族の皆様、本当にありがとうございました。

11月25日 学習発表会予行練習 本番まであと少し!

CIMG4695CIMG4695

CIMG4713

11月25日(水)に学年を入れ替えながら、体育館で予行練習を行いました。今年は本来なら教室発表の年でしたが、新型コロナウイルス感染症対策として、教室での密を避けるために、体育館で、児童も観覧者も入替制で発表会を行います。

日ごろの学習の成果をおうちの方々に見てもらおうと、どの学年も工夫を凝らした発表を考えています。

学習発表会が迫った今週は、休み時間も惜しんで、もくもくと練習したり、友達や先生と話し合いながら準備したりする姿があちらこちらで見られます。

子どもたち自身で内容やセリフ、動きを考え、舞台で表現している姿は、とても一生懸命で、「みんなに聴いてほしい!」という気持ちがあふれていて、輝いています。

11月28日(土)の発表会に、練習してきたことが120%発揮できますように。練習も大詰め、あと少しです。とても楽しみです。

 

11月13日 PTA家庭教育学級 ~森 源太さんトーク&ライブ~

IMG 8333IMG 8320

11月13日(金)19時~体育館で、PTA学級理事部主催の家庭教育学級(子育て座談会)が行われました。

各地でシンガーソングライターとして自身の歌を歌い、講演活動をしておられる森 源太さんをお招きし、『森 源太が今伝えたいこと』という演題で、トーク&ライブをしていただきました。佐伯小学区の保護者・児童生徒合わせて60名の参加がありました。

「人生は自分のもの」「好き=才能 それは神様からの贈り物」「子どもが見つけた『好き』を応援してやれる親に」・・・森さんの歩んできた道のお話や、魂のこもった歌声から、心に響く言葉や生きていく上でのヒントをたくさんいただくことができました。

感染防止対策(換気)のため窓を多く開けており、夜は冷え込んだ体育館でしたが、心の中はぽかぽかと温かくなるようなとても素晴らしい会となりました。 

11月13日 6年生が華道・茶道体験を行いました。

IMG 8023IMG 8120

IMG 8154IMG 8186

IMG 8064IMG 8286

11月13日(金)、5・6時間目に6年生が体育館で、華道・茶道体験を行いました。6年生は社会科の歴史学習を通して、文化の発展についても学んできています。そこで、今回、お茶・お花の先生をそれぞれお招きして、体験をさせていただくことになりました。

お二人とも地域で、「教室の先生」をされている方々です。体験のために持参していただいたお道具の数々・・・児童が全員体験できるように、たくさんの道具を準備してきてくださいました。

茶道体験では、初めて見る、さわる道具も多く、先生が言われる所作をやってみるのが精一杯で、みんなとても緊張していました。抹茶を点てるのも簡単そうに見えてとても難しく、苦労しました。「礼に始まり礼に終わる」と言いますが、厳しい「茶の道」を身をもって体験することができました。

華道では、一人一つの花器に、お花を生けさせていただきました。始める前には、「いけばな」についての歴史や基本的なお花の生け方などを教えていただき、さあ挑戦!

花材はみんな一緒です。しかし花器が違い、お花を切る長さや入れ方によってこんなに個性が出るのか・・・と思いました。子どもらしい大胆な発想もあり、19通りの素晴らしい作品ができあがりました。玄関に飾って、お披露目する予定です。

どちらも、とても貴重な体験となりました。準備してくださったお二人の先生方に感謝です。

 

 

 

 

11月12日 4年生総合的な学習の時間にRSKテレビが取材にやってきました。

CIMG4635CIMG4640

11月12日(木)5時間目、4年生の総合的な学習の時間にRSKテレビの取材がやってきました。今年度から、小学校では新学習指導要領が本格実施されています。学校は教育活動を積極的に社会に開き、地域とともに子どもたちを育てる姿勢が求められています。

そこで今回、4年生が総合的な学習の時間に進めている「地域の人と出会い、地域の良さを知り、パンフレットを作って発信しよう!」の活動について取材が入ることになったのです。

4年生はいつもに増して張り切って学習を進めていました。授業後、子どもたちは一人ずつインタビューも受けました。授業でもインタビューでも自分の考えをしっかりと話している様子に、「主体的・対話的に学んでいる姿」が見え、うれしくなりました。

県内の様々な学校の取組(和気町では和気閑谷高校と佐伯小学校を取材するとのことでした。)を取材して、番組を制作するそうです。1時間以上の取材で、使われるのは「数分」と聞き、少しがっかりした子どもたちでしたが、カメラやマイクといった機材にも触らせてもらい、自分たちが知らなかった番組制作やカマラマンという「職業」についても新たに知ることができ、貴重な体験の時間になりました。

12月2日(水)20:00~ RSK地域スペシャル「メッセージ」内で、放送予定です。どのように放送されるのか、とても楽しみです。

 

 

11月5日~6日 修学旅行の思い出がたくさん!

IMG 0010IMG 4588

DSC03352IMG 4621

DSC03510DSC03533

DSC03596IMG 4647

DSC03648DSC03692

11月5日(木)~6日(金)と、6年生が修学旅行に行ってきました。今年度は、何度も日程や行き先を検討・変更し、岡山(総社・新見)、鳥取方面へ出かけることになりました。

1日目は、総社市にある備中国分寺や造山古墳・こうもり塚古墳からスタートしました。秋空に映える国分寺(五重塔)は美しく、岡山県にこんなところが!とあらためて感動しました。バスガイドさんに加えて、古墳のことなどは地元のガイドさんが丁寧に説明してくださり、こうもり塚古墳では、横穴式石室を見ることができ、スタートから歴史ロマンに大興奮でした。

総社市の次は新見市にある井倉洞に行きました。木々が色づき始め、川も美しく、どこを歩いても絵になります。いざ井倉洞の中に入ると、外とは全く違い、薄暗い通路を歩いていくと、所々にライトアップされたところに神秘的な世界が広がっていました。

井倉洞をあとにすると、いよいよ鳥取県に向かいました。到着したのは、米子市の「水木しげるロード」です。1日目のお土産タイムです。ここでは、今年ならではの「地域クーポン」を上手に使って買い物をするミッションもあり、班別グループで相談・協力しながら分かれて、散策しました。この散策中に、大きなサプライズがありました。それは、今、人気の芸人「かまいたち」の二人組に遭遇したことです。聞くと、朝からロケをしていたそう。出会った子どもたちは、びっくり!ドキドキして、ずいぶん迷った末に・・・「岡山から修学旅行に来ました。一緒に写真を撮ってもらっていいですか。」と声をかけると、快く応じてくださいました。そして、なんと『佐伯小学校様へ』で、サイン色紙も書いてくださったのです。・・・興奮さめやらぬまま、宿に着き、1日目が終了しました。

2日目もお天気に恵まれ、まずは鳥取市・鳥取砂丘に向かいました。1日目とはまたガラリと違って、広大な砂と日本海の海に圧倒されました。砂の美術館を見学した後、砂丘に行きました。砂の丘を歩いて登り、滑り、丘を越えて海まで走って行って・・・と大はしゃぎでした。白い雲が浮かぶ澄んだ青い秋空とのコントラストがまたなんとも言えず絵になる素晴らしい景色で、良い写真がたくさん撮れました。

鳥取砂丘の後、旅の終盤にして、メインの見学・体験が待っていました。「麦晩田遺跡」です。ここでは、石包丁作り体験をしたり、竪穴式住居の見学をしたり(実際に中に入らせていただきました。)土器や動物のはく製などの展示を見たりしました。まるで縄文時代にタイムスリップしたかのようです。社会科の教科書や資料集で見ていたものを、実際に見たり触れたりしながらの学びは本当に貴重で素晴らしいものでした。

旅の最後は、大山冒険の国でお楽しみのアスレチックをして思い切り身体を動かして遊び、2日間の活動・日程をすべて終えました。帰路のバスの中でも、旅の振り返りをしながら、最後まで元気いっぱいの子どもたちでした。

2日間を通して、それぞれの地域の魅力や歴史に存分に触れ、楽しみながら、まさに「学びを修める旅」となりました。そして何より、子どもたちは、同級生・仲間と協力し、相手を思いやり、絆を深めた旅になったようでした。

今年はこのコロナ禍で、修学旅行自体がどうなるかという不安もありました。実施を決め、保護者の方々の協力を得て、当日までの準備・体調を整え、全員揃って旅行に参加できたこと・・・無事に帰って来ることができたこと、いろいろなこと全てに『感謝』です。

11月6日 5年生社会科 遠隔授業 ~三菱自動車工場とつながった!~ 

 

IMG 1000IMG 1011

IMG 1020IMG 1022

IMG 1026

11月6日(金)2時間目、5年生が社会科の時間に、倉敷市水島にある『三菱自動車工場』と遠隔授業を行いました。教室に居ながらにして、水島工場の方とお話しできたり、工場の中を見せていただくことができるのですから、ICT(パソコン等 情報機器)を活用した授業は、どんどん進化しています。

5年生は、これまでに社会科の授業で、教科書を使って、自動車工場についていろいろと学習していましたが、画面を通して動く映像を見ながら、工場の方が説明してくださることを聴いて、「教科書よりも詳しいことが分かった!」「映像で見ると迫力があるなあ~。」と驚いていました。

また、グループごとに、三菱自動車の方に『こんな車があるとみんながうれしい!便利になる!ぼくたち・私たちが考える車』をプレゼンさせていただきました。

考えた車がもし実現すると、どんな良いことがあるか・・・例えば、「環境にも人にも優しい車」「ペットも嬉しくなる車」や、「運転が楽しくなる機能がついている車」など、どのグループも子どもらしいアイデア満載のプレゼンでした。子どもたちは一生懸命に絵やグラフを使って説明したり、今ある車と比較しながらアピールしたりしました。

三菱の方も、子どもたちの熱心なプレゼンに真剣に耳を傾けて答えてくださり、アドバイスもくださいました。

これからの授業の新しい形が見えた、とても素敵な授業となりました。

 

 

 

10月30日 かっこいい演奏にノリノリ!県警音楽隊がやってきた。

CIMG4548CIMG4553

CIMG4557CIMG4600

10月30日(金)に県警音楽隊が佐伯小学校にやって来てくれました。感染防止対策のこともあり、運動場で行いました。さわやかな秋空の下、迫力ある演奏が繰り広げられました。

始まる前には、備前署の生活安全課の方や佐伯の駐在さんから、「登下校時の交通安全」や「危険に巻き込まれないために気をつけること」などのお話がありました。

演奏が始まると、今話題の「紅蓮華」や人気の曲「パプリカ」「千本桜」、マリオの曲など、子どもたちの良く知っている曲がたくさん出てきて、手拍子をしながらノリノリでみんな聴いていました。「パプリカ」では演奏に合わせて踊りました。佐伯小学校校歌も演奏してくださり、3番まで一緒に歌いました。

また、吹奏楽隊に使われる楽器の紹介もあり、音を出す仕組みや楽器による音色の違いなどを教えていただきました。

演奏のクライマックスには、マーチング演奏とカラーガードを組み合わせた迫力ある演出で、そのカッコ良さに魅了されました。

「鬼滅の刃の曲をしてくれた~。」「楽しかったなあ。」「旗がすごかった!」と子どもたちはそれぞれ感想を口にしていました。心に残る演奏会でした。

10月29日 5・6年生が校内陸上記録会を行いました。

CIMG4534CIMG4537

CIMG4539CIMG4544

10月29日(木)に、5・6年生が校内陸上記録会を行いました。今年度から、「町内陸上記録会を本荘小学校で」と実施が予定されていましたが、22日(木)があいにくの雨で中止となっていたのです。そこで、佐伯小の運動場で、「校内記録会」として行いました。

50メートル走、60メートルハードル走、幅跳び、高跳び、ソフトボール投げと、自分がエントリーしていた種目の記録をとりました。体育の時間や休み時間を使って練習を積み重ねていた5年生、6年生です。自己ベストを目指して、全力で挑んでいました。結果、多くの自己ベストが出ました!

順番待ちをしている児童の応援も素敵で、友達の全力の姿を一生懸命見守り、手拍子をしたり声援を送ったりしていました。

学習発表会について(お知らせ)

title1

和気町立佐伯小学校

illust101

日時 令和2年11月28日(土)
  8:45~12:30(開場 8:00
  (一斉下校 12:30 予定)
場所 佐伯小学校  体育館

 

PDF版はこちら

illust106   illust106

ご案内

 県下各地の紅葉だよりが聞かれる頃となりました。
 皆様には、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素から、本校教育の推進にご理解とご支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
さて、令和2年度の学習発表会を次のとおり開催いたします。本来なら、『教室発表』の年でした。しかしながら今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じ、密を避けるために、体育館での「学年・観覧者ともに入れ替え制」で発表を行います。観覧は、ご家族のみとします。来校の際は、検温・マスク着用をお願いします。当日は、体育館入り口にて、『観覧者確認票』の確認を行います。観覧される方は、必ず確認票を持参の上お越しください。確認票と引き換えに『許可証名札』をお渡しします。(お帰りの際に返却願います)お手数をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 日頃の学習の成果を発表します。子どもたち一人一人のがんばりをご覧ください。

令和年10月26日
和気町立佐伯小学校
校長 川埜  誠
illust106   illust106

 

佐伯小学校学習発表会
進    行    表
開始予定時刻 発表学年と活動内容
    朝の活動・朝の会
8:40
  開会あいさつ(放送)
8:45
  1年生発表
9:05
  観覧者入れ替え
9:15
  3年生発表
9:35
  観覧者入れ替え
9:45
  5年生発表
10:05
  観覧者入れ替え
10:15
  2年生発表
10:35
  観覧者入れ替え
10:45
  4年生発表
11:05
  観覧者入れ替え
11:15
  6年生発表
11:40
  閉会あいさつ・諸連絡 等(放送)
11:50
  片付け・帰りの会
一斉下校
12:30

お知らせとお願い

  • ※開始予定時刻は目安です。前後する場合がありますので、ご了承ください。
  • ※発表学年のご家族のみ体育館に入ることができます。ごきょうだいの関係で、観覧時間が空く場合は、申し訳ありませんが駐車場で待機いただくことになります。
    当日、進行の都合上、各学年の開始・終了時刻が大幅に変更する場合は、放送及びオクレンジャーでお知らせします。

 

 

10月28日 6年生、和気清麻呂太鼓に感動!和太鼓体験

IMG 0523IMG 0526

IMG 0528

10月28日(水)に6年生が総合的な学習の時間に、和気神社(郷土芸能伝承館)に出かけました。出迎えてくださったのは、和気町の誇る伝統芸能、和太鼓を演奏するグループ「清麻呂太鼓」の皆さんです。

6年生は社会科で歴史を学ぶ中で、ざまざまな時代の文化・芸能についても学習をしているところです。そこで、和気町を代表する清麻呂太鼓について学ぼうということで、今回の体験企画が実施されました。

佐伯小の子どもたちの中には、「清麻呂太鼓」を見たことがない児童も多くいました。和気神社に郷土伝承館というところがあり、その施設の中に多くの和太鼓が保管されていることも知らず、到着してびっくりしました。6年生のためだけに演奏していただける準備が整っていたのです。

まず、「遷都」と「奏日和」という2曲を披露してくださいました。メンバーの皆さんは普段お仕事をされている地域の方です。ですから、平日の時間、ご都合のついた5名という少ない人数での演奏でしたが、その迫力に圧倒されました。和太鼓だけでなく、鐘や笛といった楽器も加わり、それはそれは心に響く素晴らしい演奏でした。

演奏を聴いた後は、実際に叩いてみる体験もさせていただきました。バチの握り方や「構え」を教えていただき、叩いてみました。叩いてみると、その難しさにまたびっくり!はじめは音がバラバラで、弱々しい音しか出ませんでした。交代しながら何度か叩いていると、少しずつそろってきましたがまだまだ・・・。

ますます清麻呂太鼓の皆さんのすごさを実感することになりました。「まだやりたいなあ~。」というところでしたが、時間となりました。

貴重な体験をさせていただき、和気町のこのすばらしい「清麻呂太鼓」を知り、それを受け継ぐ地域の人たちの熱い想いにも触れることができました。さあ、これから6年生でどんな学習が展開されていくのでしょうか。

10月26日 ユニバーサルクラブ ~アマビエを描いて疫病退散!~

IMG 4618CIMG4522CIMG4523IMG 4629

10月26日(月)のクラブの時間に、ユニバーサルクラブの児童が、「巨大アマビエを描く」という活動を行ないました。ユニバーサルクラブは、世界各国の文化に触れたり、自分たちの興味のある活動をいろいろと考えて挑戦したりするクラブです。

活動の計画段階で、児童が「ナスカの地上絵みたいに、運動場に大きな絵を描いてみたい!」と提案したことが始まりです。運動場に描くことも考えましたが、運動場では、休み時間や体育の授業ですぐに消えてしまうことや、ラインパウダーを大量に使用することについても・・・考えた結果、職員駐車場の隅のアスファルト部分に、古いチョーク(もう使用していないもの)を使って描くことになりました。

アマビエは、今年このコロナ禍で注目された『日本の妖怪』です。豊作や疫病に関する予言をしたとも伝えられています。子どもたちと話し合い、「疫病退散!」「新型コロナウイルス感染症が早く収束しますように。」との願いを込めてみんなで協力して描きました。

出来上がってから、3階のテラスに上がって見てみました。「ちょっとぽっちゃりしたけど上手に描けたなあ。」と大満足でした。みんなの願いが届きますように。

 

10月23日 交通安全教室(みどり号)を行いました。

CIMG4499CIMG4500

CIMG4511CIMG4519

10月23日(金)に交通安全協会(みどり号)の方に来ていただき、交通安全教室を行いました。あいにくの雨でしたので、体育館で、低・中・高学年別に実施しました。

低学年では、DVDの中のアニメの主人公と一緒に「交通ルール」を学んだあと、体育館に模擬に設置された、横断歩道や信号機に注意しながら歩く練習をしました。

中学年でのDVDでは、自転車の安全な運転の仕方を学びました。飛び出しによってどのような交通事故にあうのかや、車からの見え方など、映像でよくわかりました。DVD視聴の後は、自転車点検の方法や自転車運転時に気を付けることなどを具体的に話してくださいました。子どもたちからは、「帰ったら自分の自転車のライトが点くか確かめてみよう。」「反射するキラキラしたやつをタイヤにつけたいなあ。」という声が聞かれました。

高学年では『自転車は被害者にも加害者にもなる』ということを学びました。自転車も自動車と同じで、危険運転をしていて事故を起こすと、人にケガをさせたり、場合によっては命を奪う可能性もある危険な乗り物です。みんな真剣にDVDを見たり、お話を聴いたりしていました。

『ヘルメットをきちんとかぶって、安全な自転車運転を心がけることは、自分の命を守ると同時に、歩いている人に危険が及ばないようにする責任も伴う』ということに気付いたようです。

授業最後には、「ぼくは、自転車でスピードを出して、急に道を渡ったりしていた。これからはしないようにしようと思います。」「道の端を一列で走ります。」という感想がたくさん出ました。

あらためて、「歩行者の交通ルール」「自転車の乗り方について」等について、しっかりと学ぶことのできた時間になりました。

 

 

10月20日 5年生がオーストラリアとつながったよ。~ビュート小学校との英語遠隔授業~

CIMG4492

10月20日(火)1時間目に、5年生とオーストラリア(ビュート小学校)との英語遠隔授業が行われました。5年生は今年度初めてだったので、とても楽しみにしていました。

「ビュート小学校の人の印象に残る、伝わる自己紹介をしよう!」ということで、児童は準備した自己紹介を一生懸命伝えました。

はっきりと大きな声で、笑顔で・・・みんな頑張って話しました。初めは全体的に少し緊張しているようでしたが、活動が進むうちに、互いに相手の話を聴いて反応したりジェステャーしたりと、和やかな雰囲気になっていきました。

あっという間の45分間で、最後は時間切れとなってしまい・・・「次はいつできるんかなあ?」「またやりたいなあ。」という声があがりました。

次回を楽しみに、この縁を大切に、引き続き英語の授業に興味をもって取り組めると良いなあと思います。

 

 

10月10日 運動場での引き渡し訓練をおこないました。

CIMG4468CIMG4470

10月10日(土)運動会の機会をとらえて、下校時に「引き渡し訓練」を行いました。災害時に学校で待機することになった児童を、保護者の方に引き渡す・・・という想定をして、今年は運動場で、「安全・確実に保護者等を確認して児童を引き渡す訓練」を行いました。

年度当初に、各家庭より登録していただいた電話番号と、引き取り者のお名前や児童の名前等を照合し、一人ずつ引き渡していきました。

佐伯小のように小規模の学校では、担任は保護者の方のお顔と児童とは、ほぼわかっているのですが、どのような災害が、いつ何時起こるかわかりません。災害時に、学校が避難所となり、学校の教職員ではない人が対応するような事態もあるかもしれません。そのようなときに備えて、いろいろな緊急事態を想定して訓練を行っておくことは非常に大切です。

「○○な場合には、~へ避難しよう。」「ご近所の○○さんと協力しよう。」など、日頃から子どもたちと一緒に、家族や地域で話し合っておきたいものです。

 

10月10日 「力 POWER」を発揮した運動会

DSC 0057さえきだいすき

IMG 6872IMG 0166

IMG 7199IMG 7361

DSC 0303IMG 4955

10月10日(土)、台風14号の影響が心配されていましたが、みんなの祈りが通じたのでしょうか・・・お天気に恵まれて無事に運動会を開催することができました。

今年度のスローガンは、「力 POWER」でしたが、まさに佐伯小みんなの力を合わせた素晴らしい運動会になりました。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じた上での運動会ということで、プログラムを見直し、演技や競技の内容も変更したり工夫したりしました。

まずは、低・中・高学年別の『表現』です。1・2年生は、かわいいダンスを披露し、大きなバルーンを使って、運動場いっぱいに「さ・え・き・だ・い・す・き」を表現しました。

3・4年生は、「うらじゃ」の曲を使って、ダンスバトルを繰り広げました。力強いうらじゃと、カッコかわいいうらじゃが対決するのですが、最後には観客のみんなも巻き込んで「岡山を元気に!」と盛り上げました。

5・6年生は、指先・足先・目線まで意識した一人技から一転、揃いの法被を着てのエール、「わっしょい、わっしょい、ニッポン和っしょい」「コロナに負けるな!元気を出そう!」と大きな声とダンスで、日本全国に勇気と元気が届くように力一杯表現しました。

次に、『縦割り班競技』です。例年は、縦割り班色対抗で『アピール合戦』を行っていましたが、練習のために異学年が何度も集合しなければならないため、今年は変更することになりました。競技の内容も、「異学年ペアで協力でき、距離をとってできること」「作戦を考え、楽しく競技できるもの」「する方も見る方も楽しめるもの」ということで、いろいろと考えました。

各色のリーダーを中心にペアや走る順番を考え、トラックを4分の1ずつ、さまざまな競技に挑みました。単純な競技のようでも、着順によって選べる道具が変わって意外に苦戦したり、思わぬハプニングがあったりと、ハラハラドキドキでした。また、上学年が下学年の身長や走るスピードに合わせている姿はなんとも微笑ましいものでした。

最後は、『色別全員リレー』です。1~3年生の部はトラック半周、4~6年生の部は1周です。体育の時間にバトンの受け渡しの練習を重ねて来ました。学年が上がるにつれ、さすがのバトンリレーでした。途中、抜きつ抜かれつの大接戦を繰り広げ、見応えがあり、運動会最後の種目にふさわしい展開となりました。

今年は、午前中開催で種目が少なくはなりましたが、運動場でマスクを外し、力一杯走り、踊り、声を出す子どもたちに元気と勇気をもらい、感動いっぱいの運動会となりました。

最後まであたたかく見守り、声援をくださったご観覧の皆様にも感謝申し上げます。

10月7日 運動会予行練習を行いました!

CIMG4429DSC 0075

DSC 0130

10月7日(水)ウロコ雲が美しい秋晴れの下、実際に運動会が始まる9時から予行練習を行いました。先生も子どもたちも、本番さながら・・・の本気度で一生懸命動きの確認をしました。

予行練習では、主に入退場や準備物、4~6年生の係の確認をしながら行いました。今年はいつもの練習に加えて、コロナ感染防止対策についても考えているので、より細やかな打ち合わせが必要でした。演技や競技、応援なども、互いの距離をとる工夫をしています。

縦割り班種目や色別リレーは、全員走ってみました。練習とはいえ、大接戦の迫力あるリレーとなりました。

いよいよ10日の土曜日が運動会本番です!今年のスローガンは、「力  POWER」ですが、どんな力を発揮するのか、一人一人がめあてをもって臨みます。

みんなの力を合わせて、佐伯っ子パワー全開で素晴らしい運動会にしたいと思います。

お天気が心配ですが、運動会が無事にできますように・・・と祈っています。

ご家族の皆様、ぜひ楽しみにお越しください。

9月29日 1・2年生 秋の遠足に行ってきました!

IMG 2508IMG 1345

IMG 2613IMG 2647

9月29日(水)気持ちの良い秋晴れの日、1・2年生は秋の遠足に、サイピア(岡山市生涯学習センター)へ出かけてきました。

まず初めに、プラネタリウムで、「星のお話」を聴きました。薄暗い部屋ですが、一人一席、ゆったりとしたリクライニングシートに座って、天井に映し出される星座や月を見ると、まるで宇宙旅行をしているような気分になりました。

次に、「科学ショー」を見せてもらいました。風船を使ったり、大きな空気砲が出てきたり・・・子どもたちはクイズの答えを予想しながら、次々と楽しい科学目の前で繰り広げられる科学実験に、びっくり!大喜びで、楽しんでいました。

おまちかねは、お弁当タイムです。施設の隣にある『太陽の丘公園』に移動して、おうちの方が作ってくれたお弁当を広げました。色とりどりのお弁当箱に、おいしそうなおかずが並び、友達と見せ合いっこしながら、おいしそうにほおばっていました。お弁当をたいらげた後は、公園にある遊具で遊びました。

大きな恐竜の滑り台や、ローラー滑り台・・・学校には無い大型遊具や、ひろびろとした敷地で思いっきり走り回りました。1時間たっぷりと遊んで、大満足!秋の一日を満喫し、楽しい思い出ができました。

 

運動会案内

 title

~    POWER   ~

日 時

令和2年10月10日(土)
  • 午前9時開会
  • 午前11時終了予定
illust01
雨天の場合は10月13日(火)
延期の場合は午前6時20分頃にオクレンジャー(メール配信)および告知放送でお知らせいたします。
illust0203

場 所

和気町立佐伯小学校
運 動 場

 

ご 案 内

 清秋の候,みなさまにはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素から本校教育にご理解・ご支援をいただき,深く感謝いたしております。

 さて,今年度は,新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じながらの運動会を開催いたします。そのため内容等は大幅に変更となっておりますが,何卒ご理解とご協力をいただき,ご来観くださいますよう,ご案内申し上げます。

 子どもたちの頑張りに,あたたかい声援を送っていただければ幸いです。

   令和2年10月

和気町立佐伯小学校長    川埜   誠
和気町立佐伯小学校PTA会長 直本 ひとみ

 

 

会場案内図
 
 

 

 観覧席 
audience seats

 

 お 願 い 

  1. 観覧席は地区割をしておりますが,今年度は地区テントは設営しません。密を避け,間隔を取って自由にご観覧ください。(椅子可・家庭用テント不可)ご協力よろしくお願いいたします。
  2. 駐車場は運動場南側新駐車場・JA倉庫前広場を予定しています。校門内側は敬老・障害をお持ちの方の駐車場とします。緊急時に備え,学校周辺の車道への駐車はご遠慮ください。
  3. 感染拡大防止対策にご協力願います。検温の上,ご来校ください。受付で観覧者確認票を確認させていただきます。マスクは必要に応じて各自ご準備ください。玄関前にアルコール消毒液を設置いたしますので,必要な方はご利用ください。
  4. 校地内は全面禁煙です。また,ゴミは各自でお持ち帰りください。

9月18日 今年度初めての参観日(授業参観・PTA人権講演会・学級懇談会)を実施しました。 

CIMG4387CIMG4395CIMG4380CIMG4395CIMG4385CIMG4386CIMG4388CIMG4401

9月18日(金)に、今年度初めての授業参観日を行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止対策を講じての実施ということで、午後から1時間のみの授業公開とし、教室内の密を避けるために、廊下から参観していただきました。廊下側の窓から、皆さんが譲り合って参観くださり、混雑することなく実施することができました。

入学・進級して初めて、教室で学習しているところをおうちの方々に見てもらった子どもたちです。いつも以上にみんな張り切っていました。

授業参観後は、体育館でPTA人権研修(講演)会が行われました。だいじょうぶラボ代表:為清淑子先生をお招きし、『思春期の子どもと向き合う』という演題でお話いただきました。子どもとのより良い関わり方、子育てのヒントをたくさんいただきました。

講演後には、各学年で学級懇談を行いました。担任と保護者の皆さんとで、互いに子どもたちの学習や生活の様子を情報交換したり、日頃気になっていることについて話し合ったりすることができました。

盛りだくさんな半日でしたが、保護者の皆さんと共に語り、考え、有意義な時間となりました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

9月15日 いっぷくdoさんによる読み聞かせ

CIMG4376CIMG4377

9月15日(火)のお昼休みの時間、読み聞かせボランティアグループ「いっぷくdo」さんが図書室にきてくださいました。1学期は、地域人材ボランティアの方々に、学校へ入っていただくことを控えていただいていたので、久しぶりの復活公演でした。

大型紙芝居「おむすびころりん」と、「長いながーいゾウの鼻」の絵本の読み聞かせ、手遊びなどをしてくださいました。図書室には20名ほどの児童が集まり、楽しみながら聴いていました。

いっぷくdoさんには、学期に1回程度来ていただいています。次回もどんなお話を聴かせてくださるのか、楽しみです。

 

9月10日 留学生による国際理解学習6年生 ~オンラインでつながったよ!~ 

CIMG4357CIMG4364

CIMG4368CIMG4370

9月10日(木)6時間目に、6年生が「留学生による国際理解学習支援プログラム」を行いました。これは、岡山県国際交流協会と学校が協力して授業を計画し、留学生と子どもたちが交流するものです。

佐伯小学校では毎年1回、6年生で行われており、今年で4年目になります。昨年度までは、直接、来校していただいていた学習ですが、今年は、初めてオンラインでつながる授業となりました。

Zoom(ズーム)という機能を使って、リアルタイムに、国際交流協会と3名の留学生の方と、小学校のパソコンルームに集まった6年生がつながるのです。画面越しではありますが、対話しながら学習が進められました。

韓国・ネパール・USAの3つの国のことについてそれぞれ説明を受けたり、クイズ形式でやりとりをしたりしました。子どもたちは、地図帳を片手に興味津々でクイズに答えたり、気になったことをどんどん質問したりしました。また、留学生の方が話す英語を一生懸命聞き取ったり、英語や韓国語、ヒンドゥー語(ネパール)での挨拶を言ってみたりする場面もありました。

世界は広く、色々な人が住んでいます。文化も環境も考え方も・・・違うこともあれば似ているところもある。今回の交流学習中に、何度も、「へえ!知らなかった。」「おもしれえなあ。」「ぼくらあと一緒じゃなあ。」とつぶやき、たくさんの気づきがありました。

一人の留学生の方が、「私は、子どものころ、自分と違う国の人と出会って結婚するとか、日本に来ることになるなんて、想像もしていませんでした。けれど、今こんな風に岡山で暮らしているなんて、自分でもびっくりします。言葉は通じなくても大丈夫!みなさんも、これからいろいろな人と出会って、世界を広げてください。楽しいですよ。」と言われたことが、とても印象的でした。

授業が終わって「楽しかった~。」という子どもたちの声があちこちで聞かれました。今日の授業、出会いが、子どもたちの世界を広げるきっかけになれば嬉しいです。

 

 

9月1日~3日 チャレンジワーク

CIMG4310CIMG4314

CIMG4335CIMG4328

9月1日(火)~3日(木)までの3日間、佐伯中学校2年生2名がチャレンジワーク(職場体験)にやってきてくれました。3日間は、「中学生」ではなく「○○先生」です。毎日、日替わりで各学年のクラスに入って、学習支援をしたり、休み時間には一緒に遊んだり・・・学校の環境整備作業もしてもらいました。

初日は互いに、緊張や遠慮もあったようですが、次第に打ち解けていきました。最終日には、6年生教室で「小学校と中学校の違い」や「佐伯中学校の魅力」について授業をしていただきました。時間割やテスト・宿題についてや委員会や部活動、学校行事などの話を聞いて、6年生は積極的に質問していました。

放課後には、一日過ごした学年の担任の先生とその日の活動を振り返り、話し合う時間を設けました。中学生にとっては、学校を「働く場所」として、先生を「職業」として、見て学ぶ機会になったと思いますし、小学校の児童にとっては、「親しみやすい先生、優しいお姉さん中学生」として接する良い機会になりました。

9月2日 yommyさんによる読み聞かせ

CIMG4317CIMG4324

CIMG4321CIMG4322

CIMG4320CIMG4325

9月2日(水)の朝の時間に、読み聞かせボランティア「yommy(ヨミー)」の皆さんが、久しぶりに来てくださいました。今年度は、9月からということで、コロナ感染防止対策をおこなった上での読み聞かせ活動です。

マスクやフェイスシールドを着けて、児童とも少し離れた場所から読み聞かせをすることは、今までと違った難しさがあるようでした。しかし、読み手の方々は、選ぶ本や手遊び等、さまざまな準備や工夫をしてくださっていました。また、聴く児童も、今まで以上に一生懸命、絵本や紙芝居、読んでくださる声や表情に向き合って、心を寄せて聴いていました。どの学年の教室も読み聞かせが始まると、しん・・・と静まり返り、心地よい本の世界に入りこんでいる様子が伝わってきました。

毎月、児童がとても楽しみにしている読み聞かせです。yommyさんとの出会い、本との出会いに感謝し、これからも続けていきたいと思います。

 

9月1日 5年生 牛窓海事研修に行ってきました!

IMG 9759IMG 9765

IMG 9802IMG 9805

 

IMG 9820IMG 0594

9月1日(火)5年生が、牛窓の前島に海事研修に行ってきました。例年、6月に2泊3日で行っている研修ですが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の不安もあり、検討した結果、9月に日帰り研修を行うことに変更していました。

当日は、とても良いお天気に恵まれ、海沿いは爽やかな風が吹き、一日海を満喫!充実した研修となりました。

まずは、「いかだで大冒険」です。海の向こうの浜まで、同じいかだに乗る仲間と一緒に力と心を合わせて海に漕ぎ出しました。浜につくと、おいしいカレーが待っていました。

日帰りにはなりましたが、時期を変えたことで良いこともありました。6月の研修では、まだ海は冷たく、入ることはできません。けれど、今回は、思いきり海に入って水を掛け合ったり、ぷかぷか浮いたり・・・全身で海を感じ、楽しむことができました。珍しい生き物「ウミウシ」を発見するという、素敵な出会いもありました。

午後からは、「塩つくり」を行いました。この活動も、例年は行っていない活動でしたが、今年度は取り組むことにしました。昔の塩つくり(塩田の仕組み)を学び、自分たちで海水から塩を取り出す体験をしました。

はじめは、「こんなやり方でできるのかな?どれくらいの塩が取れるんだろう?」と、半信半疑な子どもたちでしたが、ぐつぐつと沸騰する鍋の中に、綺麗な白い結晶が表れはじめると、やけどをしないように、焦がさないように丁寧にかき混ぜ、たくさんの塩を取り出すことに成功しました。

『2020年9月1日 牛窓』『前島研修の思い出』『俺の塩』など、記念の塩袋に名前をつけて、大切に持ち帰りました。

前島までフェリー乗ったり、海でいかだを漕いだり塩つくりをしたり・・・普段はなかなか経験できない素晴らしい海での体験をすることができました。

子どもたちが、仲間と汗を流しながら懸命にいかだを運び、オールを漕いで海を進んでいく『真剣な顔』、海ではしゃぐ『はじける笑顔』・・・外での活動で、マスクを外し、素直な感情をいっぱいに表現している姿を見ていると、「やはり、学習活動はこうでなくては!」「新型コロナウイルス感染症が早く収束しますように・・・」そう強く願わずにはいられません。

8月20日 元気に2学期が始まりました!

CIMG4294CIMG4297

8月20日(木)に、2学期始業式が行われました。大変うれしいことに、全校児童88名、元気にそろって迎えることができました。

校長先生からは、「コロナのことや熱中症の危険など、心配なことが多い大変な世の中ですが、それを吹き飛ばす魔法の言葉があります。それは、『ありがとう』です。たった5文字の短い言葉ですが、『ありがとう』には、とても素晴らしい力があります。毎日を元気ですごせることに、感謝の気持ちをもって一日一日を大切にしていきましょう!」というお話がありました。

しっかりと顔をあげて真剣に話を聞いている児童の様子からは「2学期もがんばるぞ!」という気持ちが伝わってきました。

各教室では、夏休みの楽しかった出来事を話したり、頑張って仕上げた作品の紹介をしあったりしていました。2学期の目標や係活動を決めている学級もありました。

1学期に続いて・・・いやさらに、『ありがとう』があふれる、温かく・気持ちの良い学校にみんなでしていきたいと、気持ちも新たに2学期がスタートしました。

2学期を気持ちよく迎えるために・・・

CIMG4287CIMG4288

CIMG4290CIMG4292

8月6日(木)朝から、職員作業を行いました。

終業式の日に大掃除を行いましたが、児童では難しいところを、「よりきれいにしよう。気持ちよく2学期を迎える準備をしよう!」ということで、マット掃除とトイレ掃除を中心に行いました。

夏季休業中にしかできないこと・・・学校では2学期に向けて、授業の準備や環境整備作業などを着々と進めています。

1学期の感謝を込めて学校をきれいに~最後の最後まで素晴らしい締めくくり。

CIMG4280CIMG4281

CIMG4282CIMG4283

1学期終業式の日・・・下校前に大掃除が行われました。いつもより長い掃除時間なので、各学級では机や椅子を廊下に出し、普段なかなかできないところまでみんなで協力して一生懸命に掃除をしていました。

棚の隅や後ろ、机や椅子の脚の裏、窓の桟など・・・子どもたちは気がついたところを見つけては、進んできれいにしています。そのような中、6年生は、自分達の教室掃除が終わると、大変そうな低学年の教室を回って、「手伝うことはありませんか?」と、声をかけて動いていました。

玄関前、外の水道場では、いくつもの教室のゴミ箱を洗う6年生の姿がありました。尋ねると、「教室のゴミ箱を全部集めて、きれいに洗っているんです。」とのこと。

『良いと思うことは進んで』『考えて動く=考動』を、日頃から合い言葉に実践している6年生です。その6年生の姿を見て、5年生はもちろん、どの学年も「あのような6年生になりたい!」と憧れ、真似をしています。4月に進級してから3ヶ月あまり、例年より短かった64日間という1学期でしたが、掃除の様子を見ても、子どもたちの成長には目を見張るものがありました。

大掃除が終わり、一斉下校に並んだ際には、前に立った司会の6年生が突然、「みなさん後ろを向きましょう!」と声をかけました。それを聞いた全校児童は後ろを向き、続けて、「先生方、1学期間、ありがとうございました!」と声を出しました。すると、全員が一緒に、「ありがとうございました!」とお辞儀をしました。とっさのことでしたが、先生方は、「どういたしまして。」と返事を返しました。もちろん、互いに打ち合わせはありません。

また、もう一声・・・6年生が、「バスの運転手さん、毎日送り迎えをしてくださり、ありがとうございました。2学期もよろしくお願いします。」と、お礼のあいさつを入れました。すると、みんなで「ありがとうございました。」と続けました。臨機応変の対応に、来ていたスクールバスの運転手さんたちにも笑顔が広がりました。

最後に「Let's   enjoy  summer vacation !  see you on 2学期!」という6年生のかけ声に、「see you on 2学期!イエーイ!」と、みんなでさようならをしました。

なんと気持ちの良い、素晴らしい・・・1学期の締めくくりとなりました。 

7月31日 全員そろって1学期終業式ができました。 

CIMG4277CIMG4278

7月31日(金)1学期の終業式が行われました。全校児童88人が全員そろって体育館に集まることができました。間隔を空けて、体育館いっぱいに広がって集合しましたが、このように体育館に集まるのは4月の始業式以来で、とても感慨深いものがありました。

校長先生からは、「佐伯小学校88人みんなで、1学期64日間。進んでできることが増えて、どんどん成長しました。その記録が通知表(あゆみ)に書かれています。夏休みも、『規則正しく』『自分から進んで』できることを続けてしてください。」というお話がありました。

式後には、生徒指導担当の先生より、「命を大切に!・・・そのために、手洗い・うがい・マスクにソーシャルディスタンスといった感染症対策を続けてしましょう。自転車の乗り方など、交通安全に気を付けましょう。」というお話もありました。

児童は、顔をあげてとても素晴らしい姿勢で一生懸命聞いていました。

今年は例年より短い夏休みです。8月20日「2学期の始業式」には、またみんな揃って、笑顔で集まれるように、健康・安全に気を付けて、充実した夏休みにしてほしいと思います。

 

2年生 生活科の時間に ~1学期をふりかえって~

IMG 4189CIMG4275

 

IMG 1004IMG 1250

2年生が、生活科の時間に、「1学期をふりかえろう!」ということで、1学期にあったいろいろな出来事を話し合っていました。

「学校探検で、2年生を案内したなあ。」「玉谷さんのお花畑にいって、絵を描いたよ!」「野菜を育てて、キュウリやトマト、ナスやオクラがたくさん収穫できたよね。」「野菜の育て方を1年生に教えてあげたら、1年生がよく聞いてくれたよ。」「水てっぽう大会が、すごくおもしろかった!」

「なんといっても、この前の『ほし★集め100こパーティー』で、みんなで遊んだのが一番楽しかったなあ。」

子どもたちの発表で、黒板がいっぱいになっていました。

「1学期一番の思い出を、絵日記に書いてみよう。」と担任の先生が言うと、みんなすぐに、もくもくと文を書き、絵を描き添えていました。楽しかった出来事をしっかりと覚えているのでしょう。鉛筆が止まることなく、あっという間に15通りのすてきな絵日記が出来上がりました。

1学期の出来事の数だけ、先生と、友達と・・・一緒に学んだ数だけ、子どもたちは大きく成長しています!

3年生 総合的な学習の時間に

CIMG4253CIMG4256

3年生は、1学期の総合的な学習の時間を使って、「和気町の特産物を調べよう」という学習を進めてきました。

7月28日(火)には、パソコンルームで一人ひとりが調べたことをまとめる作業を行っていました。「スモモについて」や「ナスについて」など、和気町で栽培されている果物や野菜を中心に調べたことを、1枚の文書(レポート)に仕上げます。

作成する過程で、ローマ字入力や画像(絵)の挿入など、パソコンの操作技能の学習にも役立っています。

 

7月20日 1年生 非行防止教室

CIMG4210IMG 2236

7月20日(月)に、「1年生非行防止教室」が行われました。備前警察署 生活安全課の方と警察協助員のお二人が来られて、1年生の子どもたちにわかりやすくお話をしてくださいました。

やってはいけないこと=社会の決まりに違反することで、ものをこわしたり、盗んだり、交通ルールをやぶったりすることも入ります。

紙芝居や間違い探しの絵などを使ってお話してくださり、子どもたちは楽しみながら学んで行きました。

最後に、「『いか・の・お・す・し』は知ってる?」と聞かれると・・・子どもたちは「知ってる、知ってる、園でも聞いたよ。」と答えていました。

いか(行かない)・の(乗らない)・お(大声で叫ぶ)・す(すぐにげる)・し(知らせる)です。

夏休み前のこの時期に、大切なことを学ぶことができて、とても有意義な時間となりました。

7月9日 4年生社会科 「警察の仕事」を学びました。

IMG 7108IMG 7102

7月9日(木)3時間目に、4年生は社会科で「警察の仕事」について学びました。今回は、佐伯駐在所の山崎さんに来ていただき、お話を伺いました。

佐伯の駐在さんは、いつも学区をパトロールしてくださったり、朝は校門に立って、見守りをしてくださったりと、子どもたちにとっては、顔なじみの身近な「町のおまわりさん」です。けれど、ゆっくりお話を聞くのは初めてで、子どもたちは楽しみにしていました。

警察には、たくさんの役職や仕事があること、110番の通報をしてからどのようにして連絡が入るのかなどいろいろなことを教えてくださいました。

防護服を着たり、警棒を持ったりする体験もさせていただきました。「わあ、重たい!」「これを毎日着ているのか・・・たいへんだなあ。」と、子どもたちはびっくり!

「警察官になろうと思ったのはどうしてですか?」「仕事をして、うれしいなあと思うのはどんな時ですか?」・・・質問もつぎつぎすることができました。

実際に仕事をしている方からお話を聞くことができたことで学習が深まり、「警察」という仕事に興味がわいた子どももいたようです。

 

 

 

7月5日 PTA資源物回収 ~ご協力ありがとうございました!~

CIMG4157CIMG4158

7月5日(日) 心配されていたお天気ですが、雨は降らず、PTA資源物回収を行うことができました。7時半ごろには、小学校に回収業者のトラックが到着し、早い時間から、地域の方からの持ち込みもありました。

8時からいよいよ本格的に、持ち込みの資源物が次々と集まってきました。車には新聞・雑誌・アルミ缶に牛乳パック、段ボールがいっぱいに積み込まれ、中には何往復もしてくださる車もありました。積み荷を降ろす作業では、PTA総務部担当の保護者の皆さんや、教職員も手伝いながら、手際よく回収業者のトラックに積み込んでいきました。1時間あまりで、あっという間に回収業者のトラックがいっぱいになりました。

小学校だけでなく、各地区のコミュティーハウス等、回収場所への収集もあり、それぞれの地区で、保護者や地域の方に作業していただき、大変お世話になりました。一緒に手伝いをした子どもたちもたくさんいました。

保護者・地域の皆さんのおかげで、無事に実施できましたことに感謝いたします。ご協力、本当にありがとうございました。

6月23日 今年度初めての遠隔授業 ~6年生がオーストラリアとつながりました!~

CIMG4097CIMG4091

6月23日(火)の1時間目に、今年度初となる、オーストラリア(ビュート小学校)と6年生との遠隔授業が行われました。日ごろの学習の成果を発揮し、英語を話してアウトプットするチャンスです。

昨年度1回経験していた「遠隔授業」ですが、久しぶりの授業に、6年生はずいぶん緊張していたようです。「自己紹介」や「好きなスポーツの紹介」を英語でしっかりと準備して臨みました。

ビュート小学校の友達は、日本語を学んでいる子どもたちだそうです。画面越しではありますが、リアルタイムでつながると、互いに笑顔になり、やり取りが進みました。

覚えた英語を使うことに加えて、傘を竹刀に見立てて、「剣道をしている」ことを伝えたり、ボールを使って「バレーボールが好き」なことを伝えたりと、子どもたちは、ジェスチャーを交えながら一生懸命伝えようとしている姿が印象的でした。

授業が終わると「また、やってみたい。」という感想が聞かれました。これをきっかけに、英語に対する意欲が高まったり、英語だけでなく、広く海外のことに興味をもったりする児童が増えると嬉しいです。

6月22日 4年生 コロコロワールドへようこそ! ~1・2年生を招待~ 

IMG 0247IMG 0254

IMG 0262IMG 0266

4年生が、図工の時間に製作した、ビー玉ころがし迷路「コロコロワールド」。どの作品もよく工夫されていて、楽しいものばかりです。4年生は自分たちでしっかり遊んだ後、「1・2年生を招待して、遊んでもらおう!」と計画しました。

密を避けるために時間を変えて、図工室前の廊下で遊び方の説明をしてから始まりました。1・2年生はみんな興味津々!で、つぎつぎにいろんな作品を回って遊ばせてもらいました。

「こっちが今、空いているから来てください。」「ゴールまで行くと占いになっているんよ。」などなど、4年生の接客もどんどん上手になっていきました。

「ゴールまで、うまく転がった~。」「おもしろいなあ。今度、自分たちも作ってみたい!」という声があちらこちらで聞かれ、見ていてほほえましかったです。

こういった異学年交流の活動ができることも、『学校で、集団で学ぶ良さ』だと思います。作品を作って、遊んで、招待した4年生も、楽しく遊ばせてもらった1・2年生も大満足のすてきな活動でした。

6月22日 歯と口の健康週間に ~給食・健康委員会の活動~

CIMG4078IMG 0230

6月22日(月)、朝の活動の時間に、給食・健康委員会が各学年の教室をまわって「歯の健康」について話をしました。

学年の実態に合わせた内容が工夫されており、1・2年生には「6歳臼歯について知ろう」 3・4年生には「虫歯にならないために」    5・6年生には「歯肉炎について知ろう」というテーマで、資料を変えて、委員会の児童が説明しました。

途中でみんなに問いかける場面もあり、「歯ブラシはどのように持つのが良いでしょうか?」や「歯ブラシの裏側から見て、毛がはみ出ていませんか?」「6歳臼歯はどこにあるでしょう?」と言われて、みんな自分の歯や、歯ブラシを一生懸命観察していました。

『6月4日~6月10日は、歯と口の健康週間』でしたが、毎年、6月4日=虫歯予防デーとして、広く知られています。この時期、あらためて自分の歯に関心を持ち、口の中を清潔に、いつまでも自分の歯でおいしく食事ができるよう、歯を大切にしてほしいと思います。

6月17日 食育 ~地元の食材・おいしい給食に感謝して~

CIMG4075IMG 9686

IMG 9678

6月17日(水)の給食の時間、栄養職員の先生より、「地域の食材」についての放送がありました。いつもは、各教室でお話くださるのですが、今年度は感染防止対策をとっているため、放送でのお話でした。

和気町では、毎月「ふるさと給食」の日があります。その日は特に、岡山県や和気町の郷土料理や県産食材を使った給食メニューになっています。

放送では、今日の給食の中にも、和気町産の食材が2つ(お米とチンゲンサイ)と岡山県産の食材が6つ(牛乳・イシモチジャコ・アスパラガス・ひき肉・みそ・もやし)も入っているという紹介があり、みんなびっくりしました。

玄関の掲示では、生産者の皆さんを写真入りで紹介してくださいました。作ってくださっている人がわかると、より身近に感じられますね。食材の生産者の方はもちろん、給食にかかわるすべての人を想像しながら、毎日感謝して残さず食べたいと思います。

6月4日 4年生が閑谷研修に行ってきました!  

IMG 0943IMG 0987

IMG 1008IMG 9600

IMG 1103IMG 1141

6月4日(木)に4年生が閑谷研修に行ってきました。今年度は、新型コロナウイルス感染防止対策等の関係で、宿泊研修ではなく日帰り研修となりましたが、とても良いお天気に恵まれ、10人全員そろって、たくさんのことを学び、体験をすることができました。

昨年度末から今年度5月末まで、閑谷学校はずっと閉館でした。6月からようやく受け入れが始まり、佐伯小学校が今年度初の研修受け入れ校だったそうで、研修センターの先生方は、待ち望んでいた子どもたちの入所を、いつも以上に大変喜んでくださいました。

普段入ることができない講堂はとても美しく、子どもたちは圧倒されていました。みんな神妙な面持ちで、礼儀正しく学びました。「350年の閑谷学校の歴史」や「論語」について、子どもたちは事前に調べ学習をしていましたから、先生方のお話を一生懸命に聴き、実際に見て、体験し、「なるほど、そうだったのか。」と納得できたようです。

午後からは、楽しみにしていた「ブラインドツアー」と「アドベンチャー」でした。これも学校ではできない体験です。友達と声を掛け合って、協力し合い、目隠しをして綱を頼りに山を下りるという困難なミッションや、大型遊具を乗り越えるといったことは、本当に貴重な経験となりました。

一日の研修でしたが、閑谷学校の教えである『友愛・秩序・礼儀』をしっかりと学ぶことができました。閑谷研修で学んだことを、これからの学校生活や家での生活に活かしてほしいと思います。

 

6月1日 いじめについて考える週間に

CIMG4042CIMG4044

6月1日(月)に体育館で全校朝会を行いました。岡山県では、6月の第1月曜日から1週間が「いじめについて考える週間」になっています。そこで、みんなであらためて考える機会としました。そして今回は特に、『新型コロナウイルス感染症にかかる差別・偏見』についても取り上げて考えてみました。

「誰しも不安や恐怖を感じることがある。」「いじめをしてしまうかもしれない・・・というようなマイナスの心や弱い心を誰もが持っている。」

けれど、そんな気持ちに飲み込まれて、誰かを攻撃してしまっては大変です。その行為は、誰かを傷つけ、いじめや差別・偏見につながるのです。

★『いじめや差別をしない・偏見を持たないために大切なこと』

1 家族や友達と話そう・笑おう

2 不確かな情報を信じない

3 そのままを受け止めよう

4 正しく知ろう

この4つをみんなで学びました。教室に戻ってからは、各学級の実態に合わせて担任の先生と一緒に、「自分たちにできること」を考えました。毎日、友達と楽しく・元気に・明るく過ごせるように、一人一人できることは、たくさんありそうです。

 

 

 

 

5月29日 避難訓練 ~自分の命は自分で守る~

CIMG4002CIMG4006

5月28日(金)2時間目に、今年度初めての避難訓練を行いました。今回は、「理科室で火災が起こった」という想定で、放送や先生の指示ををよく聞いて、安全に避難する訓練です。

出火場所から遠いところを通り、建物内は「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」で落ち着いて行動することが大事です。3階の理科室が出火場所だったので、第1避難経路を確認しながら行いました。先生と一緒に、運動場まで来たら走り、集合した際は、いつもより間を空けて集合しました。

校長先生からは、「自分の命を守るために、普段から、『目で聴く・心で聴く』ことをしておきましょう。」というお話がありました。

「いざ、本当に、緊急事態が!・・・」というときに、慌てず行動できるように、「日ごろからの行動」や「訓練」をこれからも大切に行っていきたいと思います。

 

 

5月26日 縦割り班掃除 スタート!

CIMG3994CIMG3991

CIMG3989CIMG3992

5月26日(火)から「縦割り班掃除」が始まりました。今年度は、これまで学級(学年)掃除をしていましたが、いよいよ、6年生を班長とした縦割り(異学年 7~8人)班での活動です。

佐伯小学校では、この縦割り班(異学年交流)活動をとても大切にしています。異学年で交流することで、互いを思いやる心が育ちます。上学年が、下学年の手本となり、あこがれの存在となります。掃除だけでなく、ふれあい遊びや、運動会での色別応援等も縦割り班で行い、一年を通じて、同じメンバーで協力するのです。

そんな「縦割り班」が、今年度ようやくスタートしました。しかしながら、今年度は様々な場面で「感染拡大防止対策」や「新しい生活様式」を意識していくことが必要となりました。そこで、担当教員と6年生で考えたのが、各掃除場所での「掃除分担・めあて・反省 確認表示」と「もくもく掃除の徹底」です。

今までは、掃除前と掃除後に班で集合し、向かい合って大きな声であいさつをしたり、掃除の反省発表を行ったりしていました。その方法を変更し、写真のように、掃除場所に表を貼って、集まってきた班のメンバーは自分で、場所とめあてを確認してから、掃除に移ることにしました。掃除中は、マスク着用で、ソーシャルディスタンスを意識して、だまって(もくもく)掃除します。そして、掃除が終わると、一人ずつ掃除活動を振り返り、班長さんに反省(◎・〇・△)を報告して終了・・・という具合です。

新しいシステムに、とまどいもあったようですが、掃除中は、写真のように一人一人が本当に「もくもく」と一生懸命に動いていました。上学年は、態度で下学年のお手本となっている様子に感心しました。

 

5月21日 校舎に子どもたちの笑顔と声が戻ってきました!

CIMG3914CIMG3920

CIMG3919CIMG3925

5月21日(木)再開初日ですが、さっそく1・2年生は5時間授業、3~6年生は6時間授業を行いました。マスク越しではありますが、校舎・教室に子どもたちの笑顔、元気な声が戻ってきました。先生と子どもとが教科書やノート、黒板などを使って授業をおこない、手を挙げて発表している様子をみると、「やはり、学校はこうでなくてはなあ・・・。」と、しみじみと思いました。

2時間目には、3年生と4年生が運動場で合同体育をしていました。外ではマスクを外しても良いとしています。運動場に広がって、体を動かしていました。

休み時間には、タイヤじゃんけんやサッカー、一輪車や竹馬、ブランコや遊具で遊ぶ姿が見られました。あちらこちらから楽しそうな声が聞こえてきました。

給食も再開しました。手洗いはもちろんですが、給食当番の身支度や配膳には十分に気を付け、「座席は前を向いたまま」というスタイルで行っています。給食中はあまり会話はできませんが、初日の給食は、「こんにゃく入り回鍋肉」に「ひじきサラダ」「冷凍ミカン」というメニューで、「久しぶりの給食、おいしいなあ~。」と言いながら、みんな一生懸命食べていました。

午後から、5・6年生では英語の授業も行われていました。マスクをつけたままの英語の授業は、教師も子どもも、ほかの授業以上に大変そうでしたが、耳を澄ませて発音を聞き取って真似したり、ペアの距離をとったコミュニケーションを工夫したりしていました。

これからが1学期のスタート!という気持ちで、また一つ一つ学習を積み重ねていきたいと思います。

 

5月21日  学校再開にあたって

CIMG3905CIMG3907

CIMG3911CIMG3913

5月21日(木)学校が再開されました。とはいえ、引き続き感染拡大防止策を講じ、児童とともに「新たな生活様式」を意識しながらの、学校生活再スタートです。安心・安全を第一に、児童の学びを保証し、教育活動を進めていきたいと思います。

児童の登校前には、教室の机やドアノブ等の消毒を行っています。登校時には、玄関で検温(健康チェック)カードの確認をしてから、教室に入ります。教室の窓は開け、換気を行い、座席は間隔を広く配置しています。

朝、全校放送朝会を行いました。養護の先生からは、あらためて、「マスクの正しい着用と手洗い・うがい・ソーシャルディスタンス」の話がありました。教室では、「マスクで鼻と口が上手に覆えているかな?」「人との距離は両手を広げたくらい・・・」と確かめてみました。

校長先生からは、「周りに友達がいる学校で、良いところをたくさん見つけてください。たくさんのありがとうを言ってください。当たり前に普通の毎日を送れることに、ありがとうの気持ちを忘れずに『あいさついっぱい・力いっぱい・夢いっぱい』の学校にしていきましょう!」というお話と、藤色のマスクの配付について紹介がありました。

和気町といえば「藤」・・・薄紫のマスクが児童一人に1枚ずつ配られました。これは、和気町社会福祉協議会のボランティアの方々が、町内の園児・児童・生徒のために手作りしてくださったそうです。「コロナウイルスの感染から子どもたちを守りたい」「元気で楽しい学校生活を送ってほしい」そんな思いが込められたマスクです。ボランティアの方々の思いも一緒に受け取って大切に使ってほしいと思います。

 

 

5月14日 登校日 ~舟岡山で遊んだよ!~

IMG 0471IMG 0688

IMG 0954IMG 1321

5月14日(木)の登校日、抜けるような青い空、新緑がまぶしい気持ちのよいお天気の日でした。時間を見つけて、舟岡山に登って活動している学年がありました。

1年生は「おにごっこ」、2年生は生活科の「春見つけ」や「じゃんけん遊び」、4年生は思い思いに広がって、自由に散策をして楽しんでいました。

「気持ちがいいなあ。」「あ、先生、虫がいた!」「ツツジがきれいに咲いてる。」・・・いろんな声が聞こえてきます。

5年生は、みんなで「だるまさんが転んだ」の遊びをしていましたが、5年生担任は、舟岡山に登る前に、「地域の方が、きれいに整備してくださっています。感謝して遊びましょう・・・」と、子どもたちに声かけをしていました。

子どもたちが安全に遊べるのは、草を刈ったり、防虫対策をしてくださったりと整備してくださった地域の方のおかげです。ありがとうございます。

久しぶりに、舟岡山では子どもたちの笑顔がはじけ、楽しそうな声が響いていました。

 

今年も恒次工業様より寄贈いただきました。大切に使います!

CIMG3892竹馬CIMG3863

CIMG3873

昨年度に引き続き、和気町にある恒次工業(株)様より、児童の皆様に役に立てて下さいと寄贈いただきました。佐伯小学校では、「竹馬9セット」「ピアノの椅子」「英単語・ローマ字等を書く4線黒板」「カラーコーン」「跳び箱ロイター板」を購入させていただきました。

児童に紹介したところ、登校日の業間休みに、新しい竹馬を使って楽しく遊ぶ児童がたくさんいました。「新しいきれいな竹馬、うれしい!!」「鈴の音が鳴る!」と喜んで練習していました。

本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。

5月8日 登校日(登校時 挨拶運動・下校時 1年生紹介)

CIMG3884CIMG3886CIMG3890CIMG3888

5月8日(金)の登校日の様子です。朝は、校門前に佐伯駐在さんとPTA総務部の方がきてくださり、「挨拶運動」をしてくださいました。昨年までのように、「ハイタッチ」はできませんが、「おはようございます!」の声を交わしました。

たくさんの人数でも、整然と距離を保って並んでくる地区の児童に、「上手に間隔をとって歩いているね。」と声をかけて、写真を撮りました。横断歩道では、きちんと横並びに並んで手を挙げ、「右、左、右」と声出し確認を行っていました。4月に行った「交通教室」での学習が生かされていて感心しました。

下校前には、「1年生紹介」を行いました。本当ならば、8日は「1年生を迎える会」をお弁当持参で、舟岡山や運動場を使ってスタンプラリーをしたり、縦割り班遊びをしたりする予定でした。楽しみにしていた行事でしたが、臨時休校延長になったことで、やむなく中止となりました。

しかしながら、この登校日にせめて・・・運動場で「1年生紹介をしよう!」ということになり、6年生が1年生一人一人にインタビューしたことを全校の前で紹介する活動を行いました。

1年生にタイヤの上に立ってもらい、「1年生の〇〇〇〇さんです。好きな遊びは・・・だそうです。また一緒に遊びましょう!」というように、一言コメントを添えて紹介しました。4月からまだ登校が数日のため、名前と顔が一致していない児童もいるようです。

みんなで、早く名前と顔を覚えて仲良く遊べるといいな・・・そんな気持ちを込めて、精いっぱい拍手をして歓迎の気持ちを表しました。

5月7日  登校日の様子  

CIMG3881CIMG3879

CIMG3870CIMG3873

5月7日(木)は3時間授業の登校日でした。各学級では、授業を進めたり、臨時休校中の課題を集めて解説したり・・・と貴重な3時間を児童と一緒に学習しました。

コロナ対策として3密を避ける授業・活動を工夫し、マスクの着用と換気を行い、座席の間隔を広くとり、一斉指導の形態で行っています。子どもたちは、一生懸命先生の話を聞いていました。

授業を行った後は、お待ちかねの休み時間!運動場で遊ぶ時にはマスクを外しても良いことにしています。元気よく運動場に飛び出してきた子どもたちは、思い思いに広がって、遊びを楽しんでいました。

遊具で遊ぶ子、鬼ごっこやサッカーを楽しむ子、竹馬や一輪車に挑戦している子・・・どの子も嬉しそうで、元気な笑顔がはじけていました。子どもたちの様子を見ていると、「早くこの日常が戻ってきますように・・・」と強く願わずにはいられません。

 

みんなの登校を待っています!!

CIMG3852

4月22日(水)から臨時休校になりましたが、学校では校内美化を行ったり、いつでも再開できるよう授業の準備をしたりしています。

校門横の掲示板も、先日までは新一年生を迎える掲示をしていましたが、写真のように新しく作成してみんなを迎える準備万端!になりました。

ライオンの向こうに見えるのは、「舟岡山」です。舟岡山から元気な声が聞こえてくるようです。みんなに力(パワー)を送ってくれています。

みんなが登校してくるのを今か今かと楽しみに待っています。

 

学校、またしばらくお別れだね・・・きれいにしておこう!

CIMG3845CIMG3846

CIMG3847CIMG3850

4月21日(火)臨時休校前の掃除時間、「またしばらく、学校に来ることができないから、めいいっぱいきれいにしてこう!」と、みんなで協力して掃除をがんばりました。

どの学年の児童も、自分の担当場所をもくもくと掃除しています。床や階段も隅々まで、掃いて拭いている姿に感動して、おもわずシャッターをきりました。

6年生は、1年生に掃除の仕方を丁寧に教え、お手本になっていました。それを見て1年生は、真似をしてホウキを動かしたり、机や椅子を一生懸命運んでいました。

22日(水)からしばらく、また子どもたちの声が聞こえない校舎はさみしいですが、ピカピカに気持ちよくなって、校舎から喜んでいる声が聞こえてくるようでした。

4月21日  1・2年生生活科 ~学校たんけんへようこそ!~

IMG 0940IMG 1234

IMG 1209IMG 1202

IMG 0929

4月21日(火)3時間目を使って、1・2年生は生活科で学校探検を行いました。2年生は、昨年、自分たちが1年生の時にしてもらったように、「今度は自分たちが、1年生に佐伯小学校のことを教えたい!」と、はりきって何日も前から準備していました。

例年と違って、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「仲良く手をつないで」というわけにはいきませんでしたが、そこは工夫・・・で、手をつなぐ代わりにリボンの両端を持って、迷子にならないようにやさしくエスコートしていました。

また、お互いマスクをしていましたが、1年生に「この教室は〇〇だよ!」と説明する2年生は、とても頼もしく見えました。

入学して2週間・・・やっと小学校生活に慣れてきた1年生です。2年生からの説明をきいて、より一層学校のことがわかり、これからどんどん小学校を好きになって欲しいと思っていた矢先で、「臨時休校」はとても残念ですが、2年生に教えてもらった今日の体験を忘れず、また学校再開したら、いろんな教室に行ってみてほしいと思います。

図書室にパソコンルーム、音楽室に家庭科室、理科室・職員室に・・・校長室でも、みんな待っています!

4月10日  退任式「お世話になった先生方 ありがとうございました」

CIMG3831CIMG3832

4月10日(金)に退任式を行いました。コロナ対策をした上で、会の内容を変更し、全員マスクをしての参加でした。

例年のように作文を読んだり、歌を大きな声で歌ったり、花道を作って握手したりしてお送りすることはできませんでしたが、この3月で退職された校長先生をはじめ、5名の先生のお話を聞きながら、先生方との思い出を振り返りました。

「校長先生には、掛け算九九の検定をしてもらいました。」「理科の授業や音楽の授業、教えてくださってありがとうございました。」・・・代表児童からお花を渡し、みんなの胸の中にある感謝の気持ちを、できるかぎりの言葉と態度で伝えました。

先生方からは、「本当に佐伯小学校でみんなと一緒にすごした時間は、とても幸せで楽しかったです。これからも笑顔で、みんなで協力して素敵な佐伯小学校を創っていってください。」との言葉があり、「ハイ!!」としっかりと答えた子どもたち。

お別れは寂しかったですが、また新たな気持ちで「先生たちへ・・・頑張るから見ていてね。」という気持ちがわいてきました。

 

 

4月9日 令和2年度入学式を行いました。

CIMG3811CIMG3804

CIMG3814CIMG3815

4月9日(木)に令和2年度入学式を行いました。よいお天気に恵まれ、桜やチューリップ、パンジーの咲く校門をくぐって、かわいい新1年生10名が全員そろって佐伯小学校の仲間入りをしました。

前日、準備万端整えた体育館ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、間隔をひろく空けた座席配置を行うと、在校生は6年生しか入れないことがわかり、急遽、6年生のみの参加としました。2~5年生は、教室で学習しながら、「入学おめでとう!待っていたよ!」と、気持ちを込めて、静かに教室ですごすました。

1年生は、名前を呼ばれると、手を挙げて「はい!」と元気よく返事をすることができました。校長先生からの「あいさついっぱい・力いっぱい・夢いっぱいでがんばりましょう。」というお話も、みんな一生懸命に聞いていました。そして、一人一人に教科書を手渡されると、重そうにしながらも落とさないように大事に持って膝の上にのせていました。

児童代表として、6年生の二人から「1年生が来るのを楽しみに待っていました。こまったことがあったら、なんでもぼくたち、私たちに聞いてください。」と歓迎の言葉を伝えました。

式の会場には在校生全員入ることは叶いませんでしたが、一斉下校時に、玄関前で拍手をして、「1年生入学おめでとう」と声をかけました。

これで佐伯小学校児童 全員そろって、88名。力を合わせて、みんな仲良く元気よく、頑張っていきたいと思います。

令和2年度 新任式・始業式を行いました。

CIMG3772CIMG3777

CIMG3778CIMG3783

4月7日(火)令和2年度新任式・始業式を行いました。子どもたちは、マスクをして上手に並んで学校にやってきました。久しぶりに友だちに会えて嬉しそうな顔、けれどちょっぴり不安そうな顔・・・いろいろでしたが、とりあえず、子どもたちの姿を見て、教職員一同、ほっとしました。

登校してすぐ、玄関で健康チェックカード(検温や体調チェック)の提出を確認しました。教室は常に換気し、座席の間隔は1メートル程度離して配置しています。

式のために体育館に入りましたが、体育館でも間隔を広く取って座りました。まずは新任式で、新しく佐伯小学校に来てくださった先生方の紹介・顔合わせをし、校長先生から担任発表がありました。

それから、始業式を行いました。川埜校長先生からは、「このような時ですから、みんなが学校にそろって来ることができ、一生懸命顔をみて話を聞いているみんなの様子をみると、それはとても有り難いことで、嬉しい気持ちでいっぱいです。これから、学校に来ることができる毎日を大切に、一緒にがんばっていきましょう。」とお話がありました。そして、学年ごと、代表児童が教科書を受け取りました。

進級した子どもたちは、新しい担任の先生との出会いや、これからの学校生活にきっと心の中では、「やったー!」「がんばるぞ」「楽しみだな」といろいろな気持ちをもったことでしょう。

式の後、養護教諭の先生からは「手洗い・うがい・換気」や「咳エチケット」のお話がありました。みんなで一緒に、手を動かしながら、正しい手洗いの仕方について確認しました。