令和2年度4年生作成パンフレット「さぁ、えぇから、きてみられぇ」

佐伯小学校の4年生です。私たちは、総合的な学習の時間に、パンフレットを作りました!私たちの住んでいる佐伯地域は、年々、住む人が少なくなってきていることを知ったからです。そこで、住む人は増やせなくても、「来る人は増やせるのではないか?」と思い、作りました。地域を取材すると、佐伯には良いところがたくさんあります。私たちの作ったパンフレットを見て、「おいしそうな食べ物があるお店があるな。」「おもしろそう、たのしそう、きれいな景色があるなあ。」「行ってみよう!」と思ってくれる人がいたらうれしいです。

 

 

PDF版はこちらから

3月4日 佐伯の栄養委員さんからレシピ集をいただききました!

CIMG5125CIMG5127

IMG 0057

3月4日(木)に和気町・佐伯地区の栄養委員のみなさんが来校くださり、ふるさと料理レシピ集の配付が行われました。コロナ禍で、地域での食の普及活動(町のお祭りでの食育活動や調理実習等)が思うようにできない中、いろいろと活動を考え、このたびは「笑顔いっぱい みんなの幸せレシピ」というレシピ集をまとめられたそうです。

そこで、給食時間に校内放送で、このレシピ集に込められた思いをお話してくださったあと、各教室をまわって、児童に配付が行われました。

「簡単で、栄養満点のメニューばかりです。ぜひ、おうちの人と一緒に作ってくださいね。」「高学年の人は、一人でも作れますよ!」とのことでした。

おうちで過ごすことの多いお休みに、ぜひ家庭で活用できたら・・・と思います。

12月7日 佐伯中生徒会の皆さんが、モザイクアートを見せに来てくれました!

InkedCIMG4796 LI

12月7日(月)の始業前に、佐伯中学校生徒会の皆さんが、小学校にやって来てくれました。今年10月に佐伯中学校で行われた「冴希祭」で制作発表された「モザイクアート」を見せに来てくれたのです。

「モザイクアート」の取組は、昨年度から佐伯中学校で行われていますが、このモザイクアートの一部の製作に小学生も参加しているのです。

例年なら、盛大に佐伯中学校文化祭として、保護者のみならず、地域どなたでも佐伯中学校に行くことができるお祭りとなるところですが、今年は残念ながらこのコロナ禍で規模が縮小され、「冴希祭」に地域の皆さんを招待することができなかったということで、「ぜひ、小学生のみんなに見て欲しい!元気と笑顔を届けたい!」とわざわざ来てくれました。

朝の放送を聞いて、みんな廊下・ベランダから見ました。大きく広げられた時には、「おお~、すごい~」と歓声が上がりました。中学生の取組を知ると、お兄さん・お姉さんにより親しみがわきます。これからも大切にしたい連携です。

 

12月3日 5年生落ち葉かき体験 

IMG 1221IMG 1222

IMG 1248IMG 1264

12月3日(木)に5年生は、自然保護センターでの米作り体験の最終回・・・次へつなぐ「落ち葉かき体験」に出かけました。里山の落ち葉をかいて、集めて「たい肥」にするのです。

昔話に出てくるような大きなかごを背負って山に入りました。そして、みんなで大量の落ち葉を集め、たい肥を作るための箱に入れていきました。今年集めた落ち葉は、2年かけて、たい肥として使うことができるようになるそうです。

つまり今年の5年生が夏の「はせ肥え」で使ったたい肥は、2年前の5年生が準備してくれていたものということです。

「自分たちがこの日集めた落ち葉は、今の3年生のためなんじゃなあ。」という声が聞こえてきました。こうして、「つながり」「循環して」いくのですね。

働いたあとは、ごほうびの「焼き芋」をいただきました。学校で収穫していたサツマイモを「焼き芋」にしてくださったのです。

「めちゃくちゃ甘い~。」「おいしい~!!」子どもたちは大喜びでほおばっていました。一年を通じて天気に恵まれ、自然保護センターでの活動を終えました。自然保護センターの方をはじめ、地域支援の方々に多くのことを教えていただき、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

11月26日 4年生社会科学習 ~津田永忠の功績を訪ねて~ 

PXL 20201126 005832533PXL 20201126 013126787

PXL 20201126 013728624PXL 20201126 021644693

11月26日(木)に4年生が社会科学習で、「田原井堰資料館」と「田原用水水路橋(石の懸樋)」を見学に行きました。郷土の偉人である津田永忠について理解を深めるためです。

今のように道具や車がなかった時代に、人と物を見事に動かし、民衆のくらしのために尽力した津田永忠の功績資料を、和気町の「田原井堰資料館」で見ることができます。実際に動かしたり敷き詰めたりしていた「石」を動かす体験もさせてもらうことができました。また、少し足を伸ばして、赤磐市熊山にある石の懸樋へも行きました。

「うわ~重い・・・こんな大きな石を動かしたなんてすごいなあ。」「すごい工夫じゃなあ。」と、実際に見ると、その迫力に圧倒され、津田永忠のやり遂げた仕事がどんなに大変で素晴らしいものかを実感することができました。6月に訪れた閑谷学校の石の壁も、津田永忠の仕事です。郷土にこのような立派な人がいたというのは、本当に誇らしいことです。

11月19日 1・2年生が玉ねぎの苗植えをしました。

CIMG4670CIMG4671

CIMG4672CIMG4674

11月19日(木)5時間目に、1・2年生が玉ねぎの苗植え体験をしました。地域の方が、「学校前の畑に玉ねぎの苗をたくさん植えるから、体験しませんか?」と声をかけてくださり、今回は1・2年生が挑戦させていただくことになったのです。

細い玉ねぎの苗がピンとまっすぐ立つように植え付け、優しくぎゅっと土をかぶせます。広い畑に、たくさんの苗を植えました。苗をまっすぐ立てることにちょっぴり苦戦しましたが、楽しみながら活動することができました。

苗を植えた後は、疑問に思ったことや感想を伝えました。

「いつ収穫するんですか?」「サツマイモの苗みたいに、横に寝かさないでまっすぐ植えるのでびっくりしました。」「植え方をやさしく教えてもらって嬉しかったです。」・・・と、自分から手を挙げて発表できる人がたくさんいました。

収穫できるのは、6月ごろだそう。みんな進級して、収穫できるのを楽しみにしています。

子どもたちが体験しやすいように、植え付けの準備を入念にしてくださっていました。地域の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

11月6日 4年生総合的な学習の時間に地元の素敵なところを取材! 

CIMG4612CIMG4616

CIMG4626IMG 6551

IMG 6582

11月6日(金)に4年生が総合的な学習の時間に、地域に取材に出かけました。「佐伯にある素敵な、おすすめの場所についてパンフレットにして、多くの人に紹介したい!」という目的をもって学習を進めています。

『高原の宿ロマンチェ』『お好み焼き 山間』『自然保護センター』『郷の茶屋』に分かれて、それぞれインタビューをさせていただいたり、写真を撮影させていただいたりしました。

みなさん快く子どもたちの質問に答えてくださいました。そして、4年生の学習にとても興味をもっていただきました。

「紹介してくれるの?パンフレットにしてくれるの?楽しみだわあ。」「パンフレットが出来たら見せてね。」「佐伯にはとても良いところだよ。自然が豊かで、美しい景色が見られて、関西方面からたくさんお客さんが来るんだよ。」「もっと人がたくさん来てくれるといいなあ。」・・・と、口々に言われました。

子どもたちは、自分たちの住んでいるこんな近くにあるのに、知らないこともあり、新しい発見ができたようでした。地域の方の想いも知り、さて、このあとどのようにまとめられ、どんなパンフレットができるのかとても楽しみです。

 

10月28日 ポニーに乗ってみよう!ヤギと仲良くなろう。~動物ふれあい体験~

IMG 2983IMG 2995

IMG 2978

10月28日(水)の業間休みの時間に、地元の『ハッピーホースファーム』から、ポニーの(ハッピー)ちゃんと、ヤギの(メイ)ちゃんがやって来てくれました。

毎年、春と秋の交通安全運動週間には、校門付近で挨拶運動をしてくれている、子どもたちになじみのある動物たちです。けれど、いつもは登校時の挨拶だけで、あまり時間がありません。そこでこの日は、少し長い時間を取って、「子どもたちとふれあいを深めよう!」と乗馬体験やお散歩体験ができるように準備して学校に来てくれました。

興味のある子どもたちは、順番待ちをしてハッピーちゃんの背中に乗せてもらったり、メイちゃんをお散歩に連れて歩いたりしました。

直接、やわらかい毛や温かい体に触れて、命ある動物・・・ということをあらためて感じたり、愛くるしい動きに癒されたりしているようでした。

休み時間はあっという間で、「またきてね~。」と、名残り惜しそうにお別れしました。また、ぜひ学校に遊びに来て欲しいです。

 

10月27日 大きなサツマイモが、収穫できたよ!

CIMG4526CIMG4527

IMG 0965

10月27日(火)、お天気に恵まれてサツマイモ堀りができました。今回も、苗植えからお世話になっている「昭和地区まちづくり協議会」の皆さんが大勢応援に来てくださっていました。畑は、すっかりきれいにツルが刈り取られ、「さあ、どうぞ掘ってください。」という状態のところに、行かせていただきました。本当にありがたいことです。

サツマイモを傷めないように、丁寧に掘りました。土が固くなっているところは、地域の皆さんが大きなスコップや鍬で掘りやすいように土を起こしてくださいました。

すると・・・出てきました!大きな顔ほどもあるイモから、焼き芋にするのにちょうどいいイモ、小さなかわいらしいイモ。掘っても掘ってもツルばかりというところもありましたが、子どもたちが袋に入れて持って帰るのには十分すぎるほど収穫できました。

11月28日の学習発表会の日には、まちづくり協議会の方が「石焼き芋」をつくってくださる予定なので、とても楽しみです。収穫したイモのうち、焼き芋用のイモを一人一本ずつ取ってから、学年ごとで山分けをして持ち帰りました。おうちでは、どんなサツマイモ料理になるでしょうか?

活動の最後に、収穫体験をさせていただいたまちづくり協議会の皆さんにみんなでお礼を言って帰りました。

 

 

 

10月21日 5年生稲刈り・はでかけ体験

IMG 0890IMG 0903

IMG 0955IMG 0926

10月21日(水)5年生が自然保護センターへ稲刈りに出かけました。6月に自分たちで田植えをした田んぼの稲です。晴れて気持ちの良いお天気の中、黄金色に輝く稲が立派に育っていました。職員の方に、鎌での刈り取り方を教えてもらい、いざ田んぼの中へ!

ザクザクッと丁寧に一株ずつ刈り取っていきました。刈り進めるうちにだんだんと手際がよくなっていきましたが、しゃがんでの作業は大変で、昔の人の苦労を体感しました。

刈り取ったあとは束ねて干します。これも今ではあまり見られない光景です。稲の束ね方を教えていただき、なんとか干すことができました。

田んぼにいる生き物のことも教えていただきました。豊かな自然の中には、そこで暮らす生き物がいます。普段、じっくり探すことも、見つけることもない生き物に出会うことができました。

このあと・・・の作業は、自然保護センターの方がしてくださいます。夏の間の世話もですが、脱穀や精米などなど、たくさんの過程を経て白米となり、さらに調理され、おいしいご飯が私たちの口に入っているのです。どれほどの人の手、手間がかかっていることでしょう。

さて、今年の田んぼからいったい何キロのお米が収穫できるでしょうか?楽しみです。

5年生は、米作りの体験を通して、食べ物に感謝する気持ちを今よりもっと持てるようになったのではないかと思います。

 

10月15日 3年生校外学習 ~佐伯こんにゃく工場を見学しよう~

IMG 2809IMG 2843

10月15日(木)3年生が社会科の学習で、佐伯こんにゃくの工場見学に行かせていただきました。学校から徒歩で15分。近くを通っている児童もいますが、中に入って見学させていただくのは貴重な体験で、初めて知ることがたくさんでした。

「こんにゃくは何からできているか知っているかな?」・・・大きなこんにゃく芋を見せていただきました。

工場の中では、こんにゃく芋から徐々に加工されていく様子を間近で見ることができました。次々に形を変えていきながら最後に袋づめされると、普段スーパーマーケットで見ている「こんにゃく」になりました。

スーパーマーケットには、佐伯こんにゃくの商品(糸こんにゃくや板こんにゃく等)がたくさん並んでいます。自分たちの住んでいる佐伯に、このように自慢の工場がある・・・誇らしいことです。

佐伯こんにゃくの秘密を知った子どもたち。今後、調べたことをまとめて、みんなに広く知ってもらう活動を行なう予定です。

9月29日 3年生リンゴ学習 ~リンゴを収穫しよう~

IMG 0053IMG 0039

IMG 0045IMG 0040

9月29日 3年生が、待ちに待ったリンゴ収穫に佐伯りんご園へ出かけました。約1ヶ月前に一人ずつリンゴに自分のマークを描いたシールを貼っていました。「うまく模様はついているかな?」「強い風で、リンゴが落ちているんじゃないかな?」・・・と、ドキドキわくわくしながらリンゴの木に向かいました。

「あった、あった!模様がついているよ。」「残念、シールがはがれている。」「見つからないなあ・・・落ちたのかなあ・・・。」うまくマークがついて、収穫できたものもあれば、そうでないものもありました。

それはやはり、自然の中で育つ作物です。日照時間や雨の影響といったいろいろな条件で変化するものなので、仕方ないことです。リンゴ一つが口に入るまでに、どれだけ長い時間、さまざまなお世話や木の管理があるか・・・そして自然災害にも負けずにやっと大きく実って収穫できる・・・そのような、苦労を身をもって体験した3年生でした。

今回、収穫させていただいたのは「つがる」という品種でした。小ぶりですが、甘いリンゴです。

「一つ選んで、食べていいですよ。」と言っていただき、3年生は、「どれにしようか?どれが赤くておいしそうかな?」と悩みに悩んで、決めたリンゴを、直接木からもぎとり、かぶりつきました。山の上で食べるリンゴの味は格別で、みんな嬉しそうにかじっていました。

 

 

 

 

 

9月3日 3年生リンゴ学習 ~リンゴにシールを貼ろう~

IMG 3915IMG 4450

IMG 4422IMG 4428

9月3日(木)3年生が、総合的な学習で 佐伯りんご園へ行きました。お天気が心配されていましたが、雨は降らず、りんご園がある山の上は風が吹いており、暑さもいくらか和らいだ中で活動ができました。

町役場 産業振興課の方にリンゴ栽培についていろいろと教えていただき、数本の木に特別にシールを貼らせてもらいました。子ども達がマジックで描いたシールをリンゴに貼ると、描いたところ以外が色づくので、模様がついたリンゴの実を収穫することができるのです。

今年はまだ実が小さく、その上、これからの台風が心配されているとのことでした。子どもたちは、「どのリンゴにしようかなあ。」「うまく模様がつきますように。」「台風の風に負けずに落ちませんように。」と、慎重にリンゴを選んで作業をしました。

町の特産物であるリンゴ栽培について学ぶことを通して、栽培にかかわる人の仕事や町の人とのつながりに気付いたり、ふるさとの良さを感じたりしてほしいと思います。約一か月後の収穫が楽しみです!

 

7月22日 4年生 佐伯B&G海洋センターでカヌー体験

IMG 3995IMG 4014IMG 4043IMG 4105

7月22日(水)に、4年生が佐伯B&G海洋センターでカヌー体験を行いました。今年は梅雨が長く、この日に至るまでに、3回も延期になっていたので、子どもたちにとって待ちに待った日でした。

海洋センターに到着すると、まず、「ライフジャケットの役割」について教えていただきました。「命を守るためのライフジャケット」を正しく着用することや、いざという時に体の力を抜いて浮かぶことを体験しました。

次に、パドルの動かし方を教えていただきました。陸の上で動かすパドルは意外と重たくて、「ほんとに、これで漕げるかなあ?」と不安そうでしたが、いざ川の中へ!!で、一人ずつ思い切って川へ漕ぎ出しました。

はじめは、思った方向へ進めるのが難しくて、あっちへこっちへ・・・友達のカヌーとぶつかりそうになるなど苦戦していた子どもたちです。けれど、そこは習うより慣れろでしょうか・・・コツをつかむと、あっという間にスイスイと進めるようになりました。

子どもたちが楽しそうに漕いでいる色とりどりのカヌーが川に浮かぶ様子は、とてもきれいで、旧山田小学校を川向こうに見ながらの景色に、おもわずシャッターを切りました。

子どもたちのカヌー体験は、「地域の豊かな自然」と「体験を支えてくださる地域の方」に触れ、『ふるさと和気・佐伯のすばらしさ』を感じることができる貴重な経験です。

学校に戻ってきた子どもたちは、口々に「楽しかった~」と言い、その笑顔から、満足した様子が伝わってきました。

7月9日 5年生 米作り体験パート2 ~田の草取り・はせごえ~

CIMG4170CIMG4173

CIMG4185CIMG4198

7月9日(木)に5年生が米作り体験 パート2として、「田の草取り」と「はえごえ」をするために、自然保護センターへ行きました。昨年度は、荒天続きで中止となり、体験することができなかった活動ですが、今年の5年生は、雨の合間に行くことができました。

久しぶりに見た田んぼには、大きく育った苗の間にたくさんの草が生えていました。自然保護センターの方から、この時期、田んぼに生えた草をしっかりと取ったり、肥料を入れたりすることは、この後の成長のために大事な作業であることや、そのための道具を教えていただきました。

子どもたちにとっては、見るのも使うのも初めての道具で、びっくりしていましたが、進んで田んぼの中に入って作業を頑張りました。草取りが終わってからは、肥料を撒きました。「はせごえ」というのは、「肥えを広くいきわたらせること」だそうです。

5年生16人で協力し、1時間半。一生懸命作業をして、やっとできた作業です。

「米作りは、本当に大変だなあ。」「うちも田んぼをしているけど、こんな作業があったんだなあ。」・・・体験してみてわかることがたくさんあります。

稲も子どもたちも、これからの成長が楽しみです!

 

7月2日 1・2年生 田土川探検!

CIMG4116CIMG4135

CIMG4136

7月2日(木)、1・2年生が生活科の学習で、「田土川探検」に行ってきました。梅雨の晴れ間の、良いお天気に恵まれました。

田土川は、旧山田小学校のそばにある川で、きれいな水が流れ、毎年1・2年生の子どもたちは楽しみにしています。濡れても良い服に着替え、網やかごを手にもって、準備万端、いざ川へ!!

「わあ、水が冷たい。」「何がおるんかなあ?」「魚は、およぐのが速っ。なかなかつかまえれん~」「あ、カメがおった!」

生き物をつかまえようと、石を裏返してみたり草むらに網をつっこんでみたり、みんな夢中で探し、川のあちこちを歩き回って、水の感触も楽しんでいました。

川遊びができるような素敵な環境が近くにあることは、本当に恵まれていると思います。このような川で遊んだ体験は、きっと子どもたちの心に、記憶に残ることでしょう。

 

6月30日 地域の方からカブトムシをいただきました。  

CIMG4107CIMG4103

CIMG4105

6月30日(火)に、地域の方が、「幼虫から育てているカブトムシが、たくさん成虫になったので、子どもたちにどうぞ。学習に役立ててください。」と来てくださいました。また、成虫になる前、めずらしい「さなぎ」の状態のものもいくつか持って来てくださいました。

3年生では、ちょうど理科で、『昆虫の体のつくり』について学習しています。1・2年生の生活科でも『生き物となかよしになろう』という学習があり、子どもたちは、いろいろな生き物に関心をもって観察しています。

「カブトムシかっこいい!」「うわー。さなぎは初めて見た!」「持てるかなあ。ちょっとこわい・・・」子どもたちは興味津々で、じっくり見たり、おそるおそる持ってみたり。

図書の本と一緒に玄関に置いて紹介すると、いろいろな学年の子どもたちが足を止めて、観察しています。本や写真ではなく、実際に、見たり触ったりしながら学習できる・・・本当にありがたいことです。

豊かな和気町の自然と、こうして、子どもたちのことを想い、「どうぞ。」と届けてくださる温かい地域の方に、感謝です。

 

6月10日 1・2年生 生活科 舟岡の憩いの庭園で

CIMG4057CIMG4060

6月10日(水)1・2年生が生活科の時間に、「舟岡いこいの庭」に行きました。毎年恒例ですが、今年も「どなたでも見に来てください。今が見頃ですよ・・・。」と招待していただいたのです。

ここは、学校の裏手にある地域の方(玉谷さん)が、丹精込めて手入れされている広大な庭園で、四季折々の花や、果樹を栽培されています。今は、花菖蒲(ハナショウブ)を始め、マーガレットやゴテテャなど、本当に色とりどりの花が咲き誇っていました。

子どもたちは気に入った花を選んで、思い思いにスケッチしました。「このお花は、なんというお花ですか?」「どれが一番いいにおいがしますか?」と、たずねる姿もあり、地域の方とふれあう素敵な時間にもなりました。

 

6月1日 5年生田植え体験

IMG 0539IMG 0549

IMG 0555IMG 0562

6月1日(月)に5年生が自然保護センターで田植え体験をしました。毎年5年生は、総合的な学習の時間に「米作り」を学んでいます。自然保護センターの方から、田植えの方法や、苗について説明を受けたあと、いざ田んぼの中へ!・・・はじめはおっかなびっくりだった子どもたちも、しだいに泥の感触に慣れて、丁寧に苗を植えていきました。

「今は機械だけど、昔の田植えは大変だったんだなあ。」「腰が痛い・・・。」と、手植えの大変さを身をもって体験した5年生です。

田植えをしたあとは、「田んぼの周りの生き物」の採集もおこない、センターの方からいろいろと教えていただきました。

これからも、定期的にセンターを訪れて「米作り」を学びながら、さまざまな学習を積み重ねていきます。秋の収穫が楽しみです。

5月29日  地域の方と一緒に、サツマイモの苗植えをしました。

CIMG4031CIMG4028

CIMG4034

5月29日(金)に、サツマイモの苗植えをしました。今年も、昭和地区まちづくり協議会の皆さんが事前に畑や苗の準備をしてくださり、当日も子どもたちの苗植えの支援をしてくださいました。

「苗は、葉っぱを学校側に、土をしっかり掘って寝かせて植えるんだよ。」と、植え方を教えていただいて、一人3本ずつ植え付けました。

「こんな植え方でいいですか?」とまちづくりの方に確認してもらい、合格をもらったら、植え付け完了です。苗に、「大きくなあれ!おいしくなあれ!」と声掛けをしている児童もいました。

今年もたくさん穫れますように・・・。11月の収穫が楽しみです。昭和地区まちづくり協議会のみなさん、暑い中本当にありがとうございました。

 

きれいに整備されている舟岡山で桜の苗木は大きくなっています!

CIMG3898CIMG3900

CIMG3902CIMG3899

5月8日(金)舟岡山の景色です。本当は、この日「1年生を迎える会」が計画されていました。縦割り班ごとに、スタンプラリーを行いながら、舟岡山に上がって写真を撮ったり遊んだりする予定でした。残念ながら、臨時休校が延長されたことでやむなく中止となりました。児童は上がることがかないませんでしたが、せっかくなので写真を撮りに上がってみました。

舟岡山には、4年前、桜の苗木が記念植樹されていますが、5月のこの時期「チャドク蛾」が発生するため、先日、地域のかたが防虫対策をしてくださいました。写真のように元気に育っている苗木があります。

また、ほかにも、「子どもたちが上がるだろうから危険がないように・・・」と、草刈りをしてくださった方もいます。舟岡山の斜面にはツツジもきれいに咲いていました。

「お弁当を食べたりしたら気持ちが良いだろうなあ、子どもたちが走りまわったら楽しいだろうなあ」と思いました。舟岡山からは、とても良い眺めです。

学校が再開されたら、子どもたちと一緒に舟岡山でぜひ遊びたいと思います。