IMG 2983IMG 2995

IMG 2978

10月28日(水)の業間休みの時間に、地元の『ハッピーホースファーム』から、ポニーの(ハッピー)ちゃんと、ヤギの(メイ)ちゃんがやって来てくれました。

毎年、春と秋の交通安全運動週間には、校門付近で挨拶運動をしてくれている、子どもたちになじみのある動物たちです。けれど、いつもは登校時の挨拶だけで、あまり時間がありません。そこでこの日は、少し長い時間を取って、「子どもたちとふれあいを深めよう!」と乗馬体験やお散歩体験ができるように準備して学校に来てくれました。

興味のある子どもたちは、順番待ちをしてハッピーちゃんの背中に乗せてもらったり、メイちゃんをお散歩に連れて歩いたりしました。

直接、やわらかい毛や温かい体に触れて、命ある動物・・・ということをあらためて感じたり、愛くるしい動きに癒されたりしているようでした。

休み時間はあっという間で、「またきてね~。」と、名残り惜しそうにお別れしました。また、ぜひ学校に遊びに来て欲しいです。

 

IMG 0523IMG 0526

IMG 0528

10月28日(水)に6年生が総合的な学習の時間に、和気神社(郷土芸能伝承館)に出かけました。出迎えてくださったのは、和気町の誇る伝統芸能、和太鼓を演奏するグループ「清麻呂太鼓」の皆さんです。

6年生は社会科で歴史を学ぶ中で、ざまざまな時代の文化・芸能についても学習をしているところです。そこで、和気町を代表する清麻呂太鼓について学ぼうということで、今回の体験企画が実施されました。

佐伯小の子どもたちの中には、「清麻呂太鼓」を見たことがない児童も多くいました。和気神社に郷土伝承館というところがあり、その施設の中に多くの和太鼓が保管されていることも知らず、到着してびっくりしました。6年生のためだけに演奏していただける準備が整っていたのです。

まず、「遷都」と「奏日和」という2曲を披露してくださいました。メンバーの皆さんは普段お仕事をされている地域の方です。ですから、平日の時間、ご都合のついた5名という少ない人数での演奏でしたが、その迫力に圧倒されました。和太鼓だけでなく、鐘や笛といった楽器も加わり、それはそれは心に響く素晴らしい演奏でした。

演奏を聴いた後は、実際に叩いてみる体験もさせていただきました。バチの握り方や「構え」を教えていただき、叩いてみました。叩いてみると、その難しさにまたびっくり!はじめは音がバラバラで、弱々しい音しか出ませんでした。交代しながら何度か叩いていると、少しずつそろってきましたがまだまだ・・・。

ますます清麻呂太鼓の皆さんのすごさを実感することになりました。「まだやりたいなあ~。」というところでしたが、時間となりました。

貴重な体験をさせていただき、和気町のこのすばらしい「清麻呂太鼓」を知り、それを受け継ぐ地域の人たちの熱い想いにも触れることができました。さあ、これから6年生でどんな学習が展開されていくのでしょうか。

CIMG4526CIMG4527

IMG 0965

10月27日(火)、お天気に恵まれてサツマイモ堀りができました。今回も、苗植えからお世話になっている「昭和地区まちづくり協議会」の皆さんが大勢応援に来てくださっていました。畑は、すっかりきれいにツルが刈り取られ、「さあ、どうぞ掘ってください。」という状態のところに、行かせていただきました。本当にありがたいことです。

サツマイモを傷めないように、丁寧に掘りました。土が固くなっているところは、地域の皆さんが大きなスコップや鍬で掘りやすいように土を起こしてくださいました。

すると・・・出てきました!大きな顔ほどもあるイモから、焼き芋にするのにちょうどいいイモ、小さなかわいらしいイモ。掘っても掘ってもツルばかりというところもありましたが、子どもたちが袋に入れて持って帰るのには十分すぎるほど収穫できました。

11月28日の学習発表会の日には、まちづくり協議会の方が「石焼き芋」をつくってくださる予定なので、とても楽しみです。収穫したイモのうち、焼き芋用のイモを一人一本ずつ取ってから、学年ごとで山分けをして持ち帰りました。おうちでは、どんなサツマイモ料理になるでしょうか?

活動の最後に、収穫体験をさせていただいたまちづくり協議会の皆さんにみんなでお礼を言って帰りました。

 

 

 

IMG 4618CIMG4522CIMG4523IMG 4629

10月26日(月)のクラブの時間に、ユニバーサルクラブの児童が、「巨大アマビエを描く」という活動を行ないました。ユニバーサルクラブは、世界各国の文化に触れたり、自分たちの興味のある活動をいろいろと考えて挑戦したりするクラブです。

活動の計画段階で、児童が「ナスカの地上絵みたいに、運動場に大きな絵を描いてみたい!」と提案したことが始まりです。運動場に描くことも考えましたが、運動場では、休み時間や体育の授業ですぐに消えてしまうことや、ラインパウダーを大量に使用することについても・・・考えた結果、職員駐車場の隅のアスファルト部分に、古いチョーク(もう使用していないもの)を使って描くことになりました。

アマビエは、今年このコロナ禍で注目された『日本の妖怪』です。豊作や疫病に関する予言をしたとも伝えられています。子どもたちと話し合い、「疫病退散!」「新型コロナウイルス感染症が早く収束しますように。」との願いを込めてみんなで協力して描きました。

出来上がってから、3階のテラスに上がって見てみました。「ちょっとぽっちゃりしたけど上手に描けたなあ。」と大満足でした。みんなの願いが届きますように。

 

CIMG4499CIMG4500

CIMG4511CIMG4519

10月23日(金)に交通安全協会(みどり号)の方に来ていただき、交通安全教室を行いました。あいにくの雨でしたので、体育館で、低・中・高学年別に実施しました。

低学年では、DVDの中のアニメの主人公と一緒に「交通ルール」を学んだあと、体育館に模擬に設置された、横断歩道や信号機に注意しながら歩く練習をしました。

中学年でのDVDでは、自転車の安全な運転の仕方を学びました。飛び出しによってどのような交通事故にあうのかや、車からの見え方など、映像でよくわかりました。DVD視聴の後は、自転車点検の方法や自転車運転時に気を付けることなどを具体的に話してくださいました。子どもたちからは、「帰ったら自分の自転車のライトが点くか確かめてみよう。」「反射するキラキラしたやつをタイヤにつけたいなあ。」という声が聞かれました。

高学年では『自転車は被害者にも加害者にもなる』ということを学びました。自転車も自動車と同じで、危険運転をしていて事故を起こすと、人にケガをさせたり、場合によっては命を奪う可能性もある危険な乗り物です。みんな真剣にDVDを見たり、お話を聴いたりしていました。

『ヘルメットをきちんとかぶって、安全な自転車運転を心がけることは、自分の命を守ると同時に、歩いている人に危険が及ばないようにする責任も伴う』ということに気付いたようです。

授業最後には、「ぼくは、自転車でスピードを出して、急に道を渡ったりしていた。これからはしないようにしようと思います。」「道の端を一列で走ります。」という感想がたくさん出ました。

あらためて、「歩行者の交通ルール」「自転車の乗り方について」等について、しっかりと学ぶことのできた時間になりました。